不動産投資は競争相手が少ない、初心者サラリーマンでも勝ちやすい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

不動産投資は競争相手が少ない、初心者サラリーマンでも勝ちやすい。

ライバルが少ない

不動産投資に限らず、お金を儲ける話というのはライバルがつきものです。どれだけうまい話があったとしても、実際にそれをものにできるのは限られており、商品の開発などは先に開発できていたとしても、先に販売されてしまえば、意味がありません。自分をどれだけ高めたとしても、相手と競うようなものに関しては時間や労力が物を言い、サラリーマンの副業として始めるような場合には結構大変です。

このように競争相手が多いところで勝負をしてもサラリーマンの場合には苦戦を強いられることが多いことから、こうした人が少ない不動産投資で勝負をかけることが求められます。

【スポンサーリンク】


そもそも投資を行っている人自体、実はそこまでいないことに気付きます。やっていても、株やFXぐらいであり、不動産投資をやっている人はかなり限られるなど、話では聞くけど踏ん切りがつかない人が多いのが実情です。株やFXのように、小額から始めることができるのではなく、多少のお金が必要になり、リスクのことをつい考えてしまいます。

すると、及び腰になってしまい、実際にそうした投資をしている人が少ないことを意味しています。すると、競争相手はそれだけ少なく、後はリスクの面や戦略などをしっかりと考えれば、勉強をすればするほどそれだけ勝ちやすくなるということになります。

リサーチが大切

成功をおさめるためには、分析が欠かせません。業者などが提示する利回りを鵜呑みにし、言われるがまま購入したとしてもそれではうまくはいかず、苦戦を強いられます。建ててしまえば後はなんとかなるというものではなく、将来を見据えた戦略がなければうまくはいきません。

投資として始める場合、いくら用意し、何年でいくらを返すかというのをまずは考え、それが実現しそうな物件を探しておくというのがまずは求められます。競争相手は昔からのお金持ちぐらいしかおらず、戦略的に不動産投資を行えば、サラリーマンでも十分勝負をすることが可能です。

一方、都市部だけを対象にするのではなく、地方部でも不動産投資を行うことはさらにプラスを生みます。都市部の場合は、サラリーマンの副業として始めやすく、自ら足を運んでリサーチをするのも簡単であるため、競争相手が少ないとはいえ、同じようなことを考える人が多いのが実情です。

【スポンサーリンク】


地方であれば、わざわざそこまで足を運ぶ人はおらず、地元の人、業者ぐらいしかライバルはいないような状況です。また、そういう人たちは戦略を持って投資をしているとは言い難いため、しっかりと計画を練り、行動を起こしていけば地方で利益を生み出すことは大いに可能であると言えます。

地方で始める場合、地方に合ったニーズを作り出すことが大切です。例えば、近年では都会から田舎への移住がよく見られ、田舎でインターネットなどの仕事をし、都会にいた時と同じようなことをすることは可能になっています。こうした人たちを対象にした物件を整備するというのも1つのやり方です。

その場合、新築にする必要はなく、空家のリノベーションをするなどして、できるだけ費用をかけず、住める状態にしておくというのでも十分です。地方には空き家が多く、その処分に困る人も少なくありません。そうした空き家を住めるようにしてしまえば、地方の人、行政にとってもプラスがあります。

長期的な戦略

単にマンションやアパートの家賃収入だけが不動産投資ではなく、家をリフォームし、それを貸し出すなどのこともできます。もちろん、そのためには経験や知識、お金が必要になります。だからこそ、長期的な戦略、プランが必要です。

家賃収入だけにする場合には、最初の数年は1つの部屋だけ、余裕ができれば2つ目、3つ目、場合によってはアパートを1棟購入するということもでき、そこからマンションや自社ビルなど手広くしていくことは可能です。もし、再開発による立ち退きを迫られればその補償も見込めるため、一気に投資の規模を拡大することはできます。

地方で始めるにしても、例えば大学や工場などの状況を見て、少なくとも10年間は大丈夫そうだというところを探しておくことが必要です。需要が不安定なところというのは、結局は家賃収入の不安定さを示しており、最初のうちはうまくいっても、後でうまくいかなくなる可能性が出てきます。

大事なことは、長い間ずっと安定して副収入を得ることができるかというものであるため、需要、ニーズを調べておくことは基本でもあります。アパートの方が稼ぐことができるのか、それとも空き家をリフォームした方がいいのかなどを調べておき、そこから考えていく方が大切です。

競争相手が少ない分、勉強のやり方によってはサラリーマンであったとしてもかなりの副収入にさせることは可能です。まずはどれだけ稼げれば十分なのかというのを決めておき、それに合った無理のないプランを自分で考え、それを専門家などに見せてプランにダメ出しをしてもらい、よりよいものを作ることが求められます。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*