契約に使われる印鑑、不動産業界ではどんな書類が用いられるのか?

契約に使われる印鑑、不動産業界ではどんな書類が用いられるのか?

売買契約書が作成されることが通例

民法上は売買は当事者の合致のみで成立されるものとされ契約書の作成、署名捺印、取り交わしが売買契約の成立に必要なわけではありません。ですがスーパーで日用品を買うのとは異なり、不動産の取引においては売買契約書が作成されることが通例で当事者の意識や認識としても、口頭の合意ばかりでなく契約書を取り交わして初めて契約が成立したものと理解されています。

続きを読む

不動産の書類の偽造方法とは。最新の3Dプリンターとの関係は?

不動産の書類の偽造方法とは。最新の3Dプリンターとの関係は?

最新の3Dプリンター

3Dプリンターの登場であらゆる物が手軽に作れるようになりましたが、同時にその技術を悪用される心配も危惧されています。2017年現在の技術力で作られた3Dプリンターは一般用の物だとそれほど精度の高い物を作る事はできませんが、業務用に開発されている物に限っては想像以上に精確な物を作れるようになっています。

続きを読む

高齢者が持つ不動産についてのこわーい名義変更について!

高齢者が持つ不動産についてのこわーい名義変更について!

不動産物件の名義変更

高齢者の中には不動産物件を所有している方も多く、中には遺産相続について考える方も高齢になるにつれて増えていきます。不動産物件の相続を行う場合名義変更を行う必要がありますが、この手続きには法律上の期限が決められているわけではないので放置していても問題はありません。

続きを読む

日本国内の人口減少と空き家問題、今後の不動産業界はどうなるのか

日本国内の人口減少と空き家問題、今後の不動産業界はどうなるのか

空き家問題

1997年頃をピークに2000年代に入ると住宅需要は満たされ、その後人口減少も始まり日本全国に空き家の数が増え始めました。ピーク時には840万戸余剰状態にあるとされその間建設業界の従業員の高齢化や若者層の人材確保も難しくなり、円安傾向が進み、輸入品の価格が上がり、建築材料や人件費の高騰を招くようになりました。

続きを読む

不動産業界の仕事の種類と内容、土地探しや書類偽造、土地所有etc

不動産業界の仕事の種類と内容、土地探しや書類偽造、土地所有etc

不動産業界の営業

不動産業界には大きく分けて営業と規格、開発と管理の職種に分かれており細分化していくとさらに多くの職種が存在している上に他の職種と同じような同じような人材育成を担当する人事や、経営管理を統括している総務等が存在しています。最初に営業を細分化してみてみると営業にも販売営業の他に売買仲介と賃貸仲介、そして法人関係への営業を担当する職種に分かれています。

続きを読む

初心者不動産投資家が失敗しない方法。アパート経営が成功するには。

初心者不動産投資家が失敗しない方法。アパート経営が成功するには。

投資を始める人が多くなっている

日本は少子高齢化への道を突き進んでいます。近い将来働いている人の人数よりも退職した高齢者の人数の方が多くなるでしょう。そうなると現在ギリギリの状態で成り立っている年金制度が根本的に破たんする可能性が非常に高いです。

そういった不安要素を感じている人が多いからか、以前ではお金に裕福な人しかおこなわないイメージだった投資に関心を持ち、始める人が多くなっています。投資の種類にはいろいろありますが、そんな中でも現役で働いているサラリーマンの人でも始めやすい投資が不動産投資です。

続きを読む

不動産投資初心者が勉強するために必要な事。これをすれば失敗しない

不動産投資初心者が勉強するために必要な事。これをすれば失敗しない

始めやすい投資方法の一つ

老後の資金を得る方法として、投資が今とても注目されています。かつて投資といえば余裕のあるお金持ちが税金対策や自分の財産をふやすためにおこなうもので、私たち一般人には必要ないものとされてきましたが、年金に対する不安がB日に日に増加していく現代の日本では、老後の資金は自分で作り出す時代に差し掛かっているといってもよいかもしれません。

続きを読む