国家の税金と考えてみよう。投資物件は築年数が浅い物件が良いのか?

国家の税金と考えてみよう。投資物件は築年数が浅い物件が良いのか?

築年数と税金

国家の税金の側面から見ると、築年数は深い方が税金を安くすることが可能です。一般的に、建築物に対する税金に関しては固定資産税が有名ですが、建物や土地には資産価値が存在しますので、何もしなくても現金と代替となる価値を有していることになります。

続きを読む

不動産投資は税金との終わらない戦い。税金と付き合う方法の指南編

不動産投資は税金との終わらない戦い。税金と付き合う方法の指南編

税金対策を実行

収入が多い方は所得税に悩まされてしまうものであり、何らかの税金対策を実行しようと考えた時に候補に挙がることが多いのが不動産投資です。効率的になるという謳い文句でお誘いしてくる業者も多いことから、すっかりその気になり不動産投資を実行してしまう方も多いのですが、その後思いもよらない問題に悩まされることもあります。

続きを読む

事故物件へのリスクヘッジの方法。貴方の投資物件が事故物件だったら

事故物件へのリスクヘッジの方法。貴方の投資物件が事故物件だったら

事故物件とは

事故物件とは、精神的瑕疵物件とか心理的瑕疵物件などと言われます。指定暴力団の組織の事務所が近所にある、宗教団体が近くにある、神社、寺、社、御墓、葬祭所、火葬場、等が近くにある、その他には井戸やごみ焼却所などもこれに当たります。これらの物は後から出来るという事はあまり多くない物ですが、なくはないケースです。

続きを読む

事故物件に割安の価値はあるのか?事故物件は投資対象としてアリか?

事故物件に割安の価値はあるのか?事故物件は投資対象としてアリか?

事故物件とは

不動産投資の時には忌避感を覚える方も多いのが、事故物件ではないでしょうか。これは、マンションやアパートと言った不動産物件内で死亡者が出てしまったものを指します。近年は世知辛い世の中ですから、アパート暮らしの方が将来を悲観して自殺をしてしまったり、独居となっている方が死亡してしまったりと言ったことも、しばしば見られます。

続きを読む

投資物件のコストを抑えるテクニック。生前贈与、養子縁組について

投資物件のコストを抑えるテクニック。生前贈与、養子縁組について

人の逝去に伴い発生する相続では、被相続人がある程度の資産を遺していた場合、相続税と言う事で幾らか納めねばならなくなります。不動産物件を多く所有している場合では、相続税額もかなりのものと成りかねません。出来るだけ自身の家族に遺産を多く遺してあげたい時や、相続税で心配させたくない時には、相続税対策として使えるテクニックがあるので、確認しておくと良いでしょう。

続きを読む

投資物件購入の際のテクニック。『価格交渉』が可能な物件はある?

投資物件購入の際のテクニック。『価格交渉』が可能な物件はある?

価格交渉をする

投資物件を購入する際に、投資を成功させるか、失敗に終わるかは仕入れる価格によって大きく変わってきます。建物の立地や利回りに関してももちろん重要ではあるのですが、仕入れの価格が高ければ高いほど、利回りが良くても利益が出るまでに時間を要してしまいます。そのため、投資物件を購入する際に希望の販売価格ではない場合には価格交渉を行う事をおすすめします。

続きを読む

投資物件を探すにあたり、登記簿謄本には物件の歴史が!交渉も有利に

投資物件を探すにあたり、登記簿謄本には物件の歴史が!交渉も有利に

おすすめの登記簿謄本

不動産投資を始める際に、投資物件を見つけなければなりませんが、実際にその物件を見てもどのような物件なのかというのは外見だけではなかなか判断できるものではありません。そのため、その物件の経歴のようなものがわかればそれに越したことはなく、不動産投資の際にも参考になることは間違いありません。

続きを読む

不動産の物件売却のコストについて。売却益を狙う前に知っておく事。

不動産の物件売却のコストについて。売却益を狙う前に知っておく事。

物件売却時のコスト

不動産の物件売却時のコストについてよく理解をしておかないと、不動産の運営で失敗してしまうことがあります。3000万円の不動産を購入して、5000万円の家賃収入を得た後、不動産が2000万円で売れたというようなケースなら詳細な計算をしなくても利益が出ているのがわかりますが、現実はそううまくはいきません。

続きを読む

投資物件の査定で得をするには?高い家や土地は得なのか考えよう

投資物件の査定で得をするには?高い家や土地は得なのか考えよう

投資物件の査定

投資物件を手に入れるときには高い家や高い土地を買った方が良いという考え方があります。利回りが同じであれば購入価格が高い物件ほど年間で手元に入る現金の金額が大きくなるのは確かです。しかし、その価格が合理的に考えられたものなのかを吟味しなければ本当に御得な物件なのかどうかはわかりません。

続きを読む

競売物件のチェックポイント。競売案件にはセメントが流される?

競売物件のチェックポイント。競売案件にはセメントが流される?

競売物件とは

不動産を購入するさいの手段のひとつとして知られるのが競売物件です。不動産を購入する多くの人は住宅ローンを組んで購入したり、またはお金を借りるさいに不動産を担保にして借りるといったことが行われますが、このさいにお金を貸し付ける側が法的に主張するために抵当権を設定します。

続きを読む