ドル・コスト平均法は不動産投資でも使える?人口減少社会でも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

ドル・コスト平均法は不動産投資でも使える?人口減少社会でも?

人口減少の影響

不動産投資には様々な方法がありますが、小口投資で収益を得る方法もあります。マンションやアパートを購入する代わりに、REITなどの不動産運用を行うファンドなどに投資する方法です。複数の物件に少しずつ資金を投入できるので、リスクを分散するメリットがあります。

【スポンサーリンク】


不動産投資は今後、人口減少の影響を受けると言われます。地価は上昇し、一部のタワーマンションは値上がりも確認されていますが、都市部でも人口減少が予測されることから不動産需要が減少すると見られているわけです。けれども日本の人口を総数として捉えれば、確かに自然現象していることは確認されています。

けれども世帯あたりの構成人数が減少している反面、世帯数自体は都市部を中心に増えていることも事実です。晩婚化も影響して単身者世帯が増えていることと、老後は便利な都市部での生活を求める動きも見られます。このような背景によって都市部での不動産投資は今後も収益は確保されると見られています。もちろん物件によって収益性の高いものとそうではないものとの二極化が進むとも考えられています。

ドル・コスト平均法

そこで不動産投資を行う上で、ファンドなどに資金を分散する際にドル・コスト平均法が使えると見られています。これは一定の期間に同じ金額の投資を続けて行うものです。投資する時期をずらすことによって、様々なリスクを回避するという考え方です。

万が一全ての資金を投入した時期が、不動産購入には適さないものであるとすれば大きな損失を生む可能性もあります。けれどもドル・コスト平均法であれば時間というリスクを回避することができます。一定金額を投入し続けることで時期によって異なる購入単価を平準化することができるわけです。

【スポンサーリンク】


また不動産ファンドは比較的早くに満期を迎えるので、常に新しいものを購入し続ける必要があります。その中で同じ金額を投入し続けることで相場の動きも把握できるようになります。投入資金に対してどの程度のリターンを得ることができているのか、分析しやすいというわけです。その内容を精査すれば、どのような時期にどこで購入するのが最も効率的なのかを知ることができます。

複数のファンドを選ぶ

不動産投資も底値で購入するのは非常に難しいものです。いつでも高値や底値は、過ぎ去った後で認識することができるものです。けれども定期的に購入し定期的に売却することで、相場の変動の様子も実感することができます。さらに世帯数が増えている都市部で物件を保有するファンドを選ぶことにより、収益を確保することが可能です。

不動産ファンドにはオフィスビルや賃貸マンションなど様々な投資対象がありますが、賃貸需要が多く安定して収益を売られるエリアで物件を保有するものを選ぶのが基本です。

同じようなエリアでも収益性が異なる物件はありますし、複数のファンドを選ぶことでリスクも軽減されていきます。またドル・コスト平均法によって購入時期をずらすことで、古いポジションを解消することを忘れることなく行えるようになります。

定期的にファンドなどを購入する

不動産相場を取り巻く環境は少しずつ変化しています。そのような中で俯瞰的に相場全体を眺めて、定期的にファンドなどを購入することが大事と言えます。世帯数が減り単身者が増えることで、再びワンルームマンションの需要が大きく高まることも考えられます。そのような事態になってから購入するのは難しいものです。

そこで少しずつ購入して単価を大きく引き上げないようにすることも重要と言えます。毎月少額ずつ購入にあてることで、下落相場となるリスクを避けつつも条件の良い案件を見つけ出すこともできるようになります。不動産相場が上昇しているのであれば、たまたま値崩れしている不動産があっても効率良く物件を購入することも可能です。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*