会社員は嫌な事がいっぱい。会社生活を抜け出す事を考えよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

会社員は嫌な事がいっぱい。会社生活を抜け出す事を考えよう。

会社員は嫌な事がいっぱい

会社員は嫌な事がいっぱいあります。会社生活が大変すぎて、うつ病になってしまったり、過労で倒れたりする人も多くいます。毎日に通勤帰宅時のラッシュや、通勤時間がかかる事による睡眠不足、会社では上司とそりが合わないと最悪ですし、出来の悪い部下をを育てるのは並大抵のことではありません。

また、自分の出世ももちろんですが、同期の出世も気になります。取引先にはものすごく気を使ってどんな理不尽な扱いを受けても低頭しなくてはなりません。景気がよくなっているといってもごく一部のお話で、すべての企業が経営が上向きになっているとはとても言い切れません。

【スポンサーリンク】


ボーナスも全盛期ほどもらえなかったり、サービス残業を強いられたり、有給休暇を消化するのもままならない事でしょう。そんな会社生活から抜け出すにはどうしたらよいか、考えてみましょう。

会社生活から抜け出すには

自分でお店を始めるという方法もあります。ですが、前記のように、景気が回復しているのはごく一部です。新しく自分でお店を始めて軌道に乗るまでは赤字経営を覚悟しなくてはなりませんし、持ち出しで営業しなくてはならない事もあるでしょう。そうなってくると、せっかく溜めたお金もあっと言う間に底をついてしまうでしょう。

どうしてもやりたいことがある場合を除けば、ある程度の貯金があれば、不動産投資をしてみるのも良いでしょう。不動産投資のメリットは、まず、通勤する必要がないことです。家にいて、家賃収入を得る事が出来るのです。そのため、寝不足になったりすることはないでしょう。

うるさい上司も出来の悪い部下も出世を争う同期もいません。ここまででも相当なストレスフリーです。これを目指して、ある程度の物件を購入できるように、貯金をしておきましょう。

不動産投資と言って思いつくのはマンションや戸建てをファミリーや一人暮らしの人に物件を貸して家賃収入を得る事でしょう。1Kの物件であれば、さほど高くなく購入可能ですので、初心者は会社勤めと並行してそのあたりから始めると貯金も増えるのがはやくて良いでしょう。

【スポンサーリンク】


もう少し余裕がある場合は例えば、ファミリー向けのマンションや戸建てを購入し、貸し出す方法があります。またアパート1棟を購入すれば部屋の数だけ家賃収入が見込めるわけでお得です。

そのほかにも、テナントという物があります。お店を経営する人に貸し出したり、事務所や企業などに貸し出せば、普通のマンションなどに比べて、出入りが少ないので安定した家賃収入になります。

どの物件を購入するにしても、余りにも古すぎるのは耐震工事が必要になったりして余計な出費がかさむことになりますので、出来ればそのあたりに手入れをしなくてもよい物件を選びましょう。

ブームに乗る

ですが、最近のDIYブームを取り込んで、入居者様に好きなようにリフォームやリノベーションをしてもよいですよというオプションにして貸し出すという方法もあります。この場合は貸し出す側がリフォームやリノベーションした場合ほど家賃を高く設定する事はできませんが、その分次に住む方にはリフォームもリノベーションも必要ないので、少々高めの家賃設定も望むことが出来ます。

また、2020年の東京オリンピックに向けて、民泊に関する取り決めがなされ始めています。民泊とは、旅行者などに部屋を貸して、貸し賃を取るという物です。マンションの1室などで行われています。まだ、不安定なシステムですが、きちんと取り決めが決まれば安心して利用することが出来ます。

その際は、その地域のゴミ出しの方法であるとか、騒音問題とか、日本の文化を理解してもらうなどの準備が必要となります。ですが、宿泊客がよい宿だと認識してくれれば、SNSの発達した現代では情報を知って、利用したいというお客様が現れる事も期待できます。少々上級者むけですが、おもしろい不動産投資の新しい形になる事でしょう。

どんなに良い物件でも、立地条件が良くないと、借り手が付きにくくなります。物件をもっていても借り手がつかないのでは、宝の持ち腐れですので、物件を購入する際は、よく調査しておく必要があります。学校や幼稚園があまりにも近いとうるさく感じる人には不向きですし、火葬場や墓地、葬祭場が近くにあるとどうしても家賃設定が低くなってしまいます。

また、精神的瑕疵物件や心理的瑕疵物件などもありますので、きちんと下調べをしておきましょう。物件が決まったら、自分で管理するのか、管理会社を通して貸し出すのかを決めましょう。初心者の場合は空き部屋ゼロにしてくれる企業を通した方が、最初はやりやすいでしょう。

家賃の交渉や礼金敷金の相談など、専門の企業や不動産屋さんに任せてしまえば、借主とのトラブルなどはそちらで処理してくれますので、煩わしいことはありません。ですが、やはり企業を挟むと手数料等々何かとお金がかかるのも事実です。ですので、ある程度までは専門家に任せてその間に勉強をして、ある程度大丈夫になってから自立するというのが良いかもしれません。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*