2017年 7月 の投稿一覧

将来引っ越すことにして、住宅ローンを使用して不動産投資をしよう。

将来引っ越すことにして、住宅ローンを使用して不動産投資をしよう。

住宅ローンとは

マイホーム購入時に融資を受ける事が出来るのが住宅ローンの最大の特徴です。ローンの使い道は自分が住むための住宅購入資金、建て替えや増改築などの資金として使う事が出来ます。ここで注意をしなければならない事は、ローンの使い道はあくまでも自分が住むための家を買う、工事を行うためのもので、収益物件の購入資金などで使う事が出来ない点です。

続きを読む

不動産投資に、将来同居予定にすると住宅ローンを使える裏技。

不動産投資に、将来同居予定にすると住宅ローンを使える裏技。

住宅ローンを組むことは禁止

不動産投資のために購入する物件に、住宅ローンを組むことは禁止されています。投資用不動産を購入する場合には事業用のローンを組む必要がありますが、その理由は収益を得られることにあります。住宅用のローンは金利が優遇されていますし、長期間ローンを組むことができます。これは購入者が長く居住することを前提とすることで、ローン返済におけるリスクが回避されるという意味合いがあります。

続きを読む

土地値が購入金額を上回る物件はあるのか。土地値物件を狙え。

土地値が購入金額を上回る物件はあるのか。土地値物件を狙え。

土地値物件とは

土地値物件は不動産投資を行うときには重要な候補の一つです。土地と建物のセットになっている物件で、一緒に購入するときの価格が土地のみの価格に比べて高くなっています。土地だけを買うよりも安く土地を手に入れられるのが特徴であり、それだけを考えると値打ちが高い物件として捉えることが可能です。

続きを読む

瑕疵物件とは何ですか?瑕疵物件のメリット・デメリットについて。

瑕疵物件とは何ですか?瑕疵物件のメリット・デメリットについて。

物理的瑕疵物件とは

瑕疵物件とは瑕疵を有している物件のことであり、本来あるべき品質や性能において欠けている部分があることを示しています。物理的瑕疵がある場合と心理的瑕疵がある場合がありますが、どちらを選んだとしてもその問題点を克服しなければならないのがデメリットです。しかし、瑕疵があることによって安値で取引されていることから、瑕疵に目を瞑れば安く購入できるというメリットがあります。

続きを読む

現状回復費用とグレードアップはどうすれば?入居者目線で考えろ。

現状回復費用とグレードアップはどうすれば?入居者目線で考えろ。

現状回復は必要

現状回復は賃借人が退去時に、次の賃借人が入居するまでの間に仕上げ等を新しくするものです。原則としてグレードアップは行わず、元どおりに戻すのが原則です。それに対して、建物の老朽化が原因の入居率の低下の対策として、グレードアップがあります。賃貸物件は他の物件との競争の側面が強く、最新の同等物件のグレードに常に合わせることが求められます。

続きを読む

テナントを居室にリノベーション。居室なら高く売却できる?

テナントを居室にリノベーション。居室なら高く売却できる?

不労所得

不動産投資には不労所得を得る事が出来る魅力を持ちます。不労所得とは、働かずにお金を得る事です。一見、不労所得は働かないでお金儲けが出来るので悪い事をしているなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、不動産投資は自分の資産を使い物件を購入、それを第三者に貸し出すので、何も悪い事をしているわけではありませんし、資金だけで投資物件を購入出来れば、収入すべてを好きな事に使えます。

続きを読む

固定金利と変動金利。どちらを選ぶ。今後の将来予測をしてみよう。

固定金利と変動金利。どちらを選ぶ。今後の将来予測をしてみよう。

金利の問題

不動産を利用する時は金融機関のローンを使うため、金利の問題を考えなければいけません。金利の問題は少額の借入ならば負担が軽いですが、不動産の場合は大きな金額になるので対応がいります。金融機関を利用したローンでは固定金利と変動金利があって、そのどちらかを選んでお金を借ります。

続きを読む

非公開物件だからと言ってよい物件ではない。非公開物件に騙されるな

非公開物件だからと言ってよい物件ではない。非公開物件に騙されるな

良い物件を選ぶのが重要

不動産投資で資産運用をするにしても、不動産を購入してそこに住むにしても、良い物件を選ぶことがとても重要になるのは常識です。良い不動産というのは場所が良いことや、地盤がしっかりしている、需要が高いなど、色々な面でメリットがあります。快適な暮らしを送りやすいのはもちろんのこと、売却を考える時に高く売れる確率が上がります。

続きを読む