2017年 7月 の投稿一覧

金融機関の情報は変わる。融資情勢を見極めて買えるときに買うべし。

金融機関の情報は変わる。融資情勢を見極めて買えるときに買うべし。

融資情勢の変化

長らく低金利時代を迎えており、マイナス金利という状態になるなど、金融機関としては多く貸出し、その金利で収益を確保したいというのが本音です。そのため、以前の貸し渋りの時に比べ、できるだけ融資をしようという流れに傾いています。こうした融資情勢がいい時にお金を借り、そのタイミングで物件を購入したいところです。

続きを読む

属性が悪い人が不動産投資をする方法。不動産投資はできる。

属性が悪い人が不動産投資をする方法。不動産投資はできる。

属性が悪い人

属性が悪い人というと、一般的には過去に延滞をしている人や、他社からもたくさん借りている人のことを指すようです。不動産投資ローンは住宅ローンよりも審査が厳しいと言われているので、属性が悪い人では審査に通ることは難しいでしょう。しかし、工夫をすることでなんとかなることもあるので、諦めるのはまだ早いかもしれません。

続きを読む

不動産投資でフルローンは難しい。融資を勝ち取るにはどうすれば?

不動産投資でフルローンは難しい。融資を勝ち取るにはどうすれば?

豊かな老後へのパスポート

日本は世界有数の長寿社会ですが、その反面、社会保障制度は高齢化社会に適しているとはいいがたく、公的年金だけで豊かな老後を送ることができると考えている人は少ないのが実態です。とはいえ、80歳、90歳と年を重ねながら、一生働いて収入を得るのは難しいので、貯蓄で備えるか、投資で稼ぐかのどちらかが、豊かな老後へのパスポートになります。

続きを読む

オーバーローンを勝ち取れ。不動産投資で融資を得るためには。

オーバーローンを勝ち取れ。不動産投資で融資を得るためには。

フルローンは難しい

不動産投資でオーバーローンを勝ち取ることは、とても難しいです。一般的には、最低でも2割の頭金が必要であると言われています。

1億円の1棟マンションを購入するなら、1億円の2割である2千万円の頭金を用意しておくことが理想です。2割の頭金を用意していても審査に落ちることもあるので、あくまで1つの目安であるにすぎません。

続きを読む

共同担保を利用した不動産投資。担保があるなら差し出すべき。

共同担保を利用した不動産投資。担保があるなら差し出すべき。

共同担保

不動産投資は多くの資金を必要とするものです。リターンが大きい投資をしたいと思えば、はじめにつぎ込む資金もそれだけ大きくなってきます。はじめから財産を多く持っているという場合はよいですが、これから増やしていこうという段階では、手持ちのお金などもそれほどなく、投資自体を断念せざるを得ないという事も少なくありません。

続きを読む

物件の事業性で融資を受ける方法とは。個人の属性は関係ない。

物件の事業性で融資を受ける方法とは。個人の属性は関係ない。

融資を受けるのが一般的

不動案投資を行うための資金を確保するためには金融機関からの融資を受けるのが一般的です。一般的にはローンを組むためには担保となるものを準備しなければなりませんが、不動産投資を行うときには購入する不動産を担保とすることができます。それを条件としているローンとして不動産投資ローンやアパートローンと呼ばれる商品が代表的です。

続きを読む

不動産投資の初心者は、週に5件の物件を訪問して目を養え!

不動産投資の初心者は、週に5件の物件を訪問して目を養え!

知識と目を養う

不動産投資を初めて始めるという初心者の人は、不動産物件に関する知識が豊富ではありません。不動産には様々な条件が複雑に絡み合って成立していますので、即決して不動産を購入するということだけは避けなければなりません。そのようにならない為にも、週に5件は物件を訪問して不動産に関する知識と目を養いたいところです。

続きを読む

住宅ローンなら低収入のフリーターでも不動産投資ができる!

住宅ローンなら低収入のフリーターでも不動産投資ができる!

ローンが組めない

低収入フリーターが不動産投資を始めようと思っても、ローンが組めないために始められないという問題があります。不動産投資ローンでは多くの場合に年収450万円以上という条件がつけられています。年収の条件は低い銀行でも450万円となっています。銀行によっては年収750万円以上という厳しい条件がつけられていることもあります。

続きを読む