物件管理

賃料の下落を色々な方法で、防いで不動産投資の利回りを保つ

利回り低下の原因とは?

利回り低下の原因とは?

不動産投資にはいくつかのリスクがありますが、その一つに「利回りの低下」が挙げられます。物件が古くなれば、修繕費や管理費などの経費がかさむようになってきますが、同時に賃料も低下してきます。不動産投資における実質利回りの計算式が、

実質利回り(%)=(年間の賃料収入-経費)÷物件購入価格×100

であることからもわかる通り、経費が増えれば実質利回りは低下しますし、年間の賃料収入が減っても実質利回りは低下します。

一般的に、賃貸物件の賃料は毎年1%のペースで下落するといわれています。

続きを読む

賃貸契約によって不動産投資のリスクを下げる方法とポイント。

賃貸契約とリスク

不動産投資のリスクを下げる方法には色々なものがありますが、そのひとつに賃貸契約によってリスクを下げるものがあります。これは、入居者を適切に選ぶことによって、様々なリスクを下げるというものです。

不動産投資においては、賃貸契約によってリスクが高まることがあります。代表的なものが、賃料の延滞です。また、入居者の属性によってもリスクは変化し、例えば、長く住み続けてくれるかどうかが変わってきます。長期間住んでくれる人と比べて、短期間で引っ越してしまう人は、空室リスクが大きいといえます。

そのため、入居希望者の属性を調べることによって、このリスクをできるだけ小さくしておくことが重要になります。不動産投資で失敗しない為には、色々なリスクを刈っていくこと、もしくはリスクヘッジしていくことが重要です。

続きを読む

サラリーマンが不動産投資をする際の入居者の探し方。

入居者の探し方

入居者の探し方

サラリーマンが不動産投資を始める場合、入居者の探し方が分からないと物件の運営はできません。今回は、不動産投資を始めたい方に向けて入居者の探し方をご説明します。

まず、不動産を購入したからといって、簡単に人が寄ってくるというわけではありません。満室経営を行いたいと考えるのであれば、不動産投資に失敗しない為に、しっかりと営業する必要があります。

サラリーマンが限られた時間の中で、所有する不動産の営業を行うためには、物件の広告作成が時には必要です。自分で広告を作成し、物件の前に貼り付けておくだけでも、1つの集客窓口となります。

しかしながら、それだけでは大きな効果を得づらいため、不動産業者に作成した広告を持って行きます。このような対策をしておくだけで、自分の物件を不動産会社の営業の方に印象づけることが可能です。不動産投資に失敗しない為には、地道な努力が必要です。

続きを読む

不動産投資の利回りを高める自主管理のメリット・デメリット

経費削減で利回りを高める

経費削減で利回りを高める

不動産投資で利回りを高めるためには、経費を削減することによって、実質利回りを上げる必要があります。

経費として挙げられるのは、固定資産税などの税金、保険料、管理費、修繕積立金、PMフィーなどがあります。この中のPMフィーのPMとは、プロパティーマネジメントの略で、賃貸物件の管理のことです。PMフィーは管理料のことであり、通常不動産業者が行う管理に対して発生し、賃料の3~5%が相場となっています。

続きを読む