物件管理

報奨金で不動産屋をやる気に。不動産購入や賃貸にはお金は大事。

報奨金で不動産屋をやる気に。不動産購入や賃貸にはお金は大事。

資金の投入

不動産投資活動において資金の投入しどころは大変重要になってきます。特に個人投資家が初めて投資活動を行う場合、投入できる資金にも限りがあるので投入するタイミングを誤ってしまうと資金はすぐに底をついてしまいます。

この点を把握した上で不動産投資を行うと投資活動の要は不動産屋との取引に重要な事案が濃縮されているので、如何にして不動産屋と快適な取引を実現できるかがポイントになってきます。

続きを読む

不動産投資で大切なのは清潔感。完璧でなくても良いが清潔感は大事。

不動産投資で大切なのは清潔感。完璧でなくても良いが清潔感は大事。

不動産投資

不動産投資は、不動産物件を購入して、その家賃などの収入を得て収益とする投資方法です。不動産物件を購入する際は、様々な物件が存在します。土地のみの物件であったり、土地に既に建物が建築されている物件であったりします。土地の状態で購入しますと、そこから自分で土地活用の方法を見出していくことになります。

続きを読む

目先の利益だけ考えるな!中長期の視点でいくのが不動産投資。

目先の利益だけ考えるな!中長期の視点でいくのが不動産投資。

成功の鍵とは

投資の種類には色々あり、短期的に利益をもたらすものと、長期的に運用して利益をもたらすものがあります。人の心理としては今すぐに利益が得られる短期的なものほど、結果がわかりやすいため注目しがちです。しかし、資産運用は中長期的にも見ていくことが必須であり、成功の鍵を握ります。

続きを読む

リフォーム中の現場は必ず見に行く。そうでないと手抜きされる?

リフォーム中の現場は必ず見に行く。そうでないと手抜きされる?

物件をリフォームする

自らが所有している物件をリフォームする際は、専門の業者に工事を依頼することとなります。専門の業者に工事を依頼しますと、物件の下見から始まります。物件の大きさ、工事対象となる面積、工事対象となる設備などをチェックします。そして、見積書が依頼主つまり物件のオーナーの元に届きます。その見積もり金額にオーナーが了承しましたら、リフォーム工事が開始されます。

続きを読む

地元の管理会社や業者を選ぶのが一番良い。依頼しやすいので。

地元の管理会社や業者を選ぶのが一番良い。依頼しやすいので。

不動産会社に依頼

不動産投資としてアパートを棟ごと購入したり、新規に建てる方法もあります。マンションの1室を購入して運営する方法や、戸建て住宅を賃貸用として貸し出す方法も人気があります。どのような物件でも、共通している内容があり、入居者を上手に確保することが最も大切です。

オーナーが自ら入居者を募ることに関しては、非常に難しい内容になり、たとえインターネットを駆使した場合でも、簡単に入居者を見つけることができません。何より煩雑な手続きが必要とされているので、簡単に貸し出すことができない場合が多く、この点に関しては専門会社に依頼をする方法が一般的に行われています。

続きを読む

業者は値段だけで選んではダメ。安かろう悪かろうだけではないが・・

業者は値段だけで選んではダメ。安かろう悪かろうだけではないが・・

複数の業者から相見積もりを

業者を利用する場合、まずは見積もりを出してもらってどこにするか決めると言うのは一般的です。またその場合は1社だけに見積もりを出してもらうのではなく、複数の業者に相見積もりを取って、その中から最も安い金額を提示した所を利用すると言う事も多く行われています。もちろん、何かを売却する為に査定を受ける時はその逆で、最も高い査定額の所を選ぶと言った形です。

続きを読む

相見積もりで相場を知れ。不動産投資では必須。良い業者を選ぶ方法。

相見積もりで相場を知れ。不動産投資では必須。良い業者を選ぶ方法。

不動産業者の選定

不動産投資を始めようとした時に、必ず関わることになるのが不動産業者です。自分でほとんど管理をするとしても、購入時や売却時にはやはり自分だけで行う事は難しいですから、必ず業者とともに動くことになります。場合によっては管理自体をお任せしてしまうという事もあるでしょう。そういった場合は特に、業者の選定ということが重要になってきます。

続きを読む

絶対に良い管理会社の選択方法とは。不動産投資は管理会社で決まる。

絶対に良い管理会社の選択方法とは。不動産投資は管理会社で決まる。

注目される不動産投資

現在では低金利時代が続いていることを背景にして、投資を行う方が増えていることが実情です。様々な投資方法があり、人によって得意分野というものを持っている場合も多々見られます。得意分野を活かす方法で上手く投資を行うことができますが、それ以外の一般的な方のケースでは、投資方法に不安を感じてしまうことも目立ちます。

そんな中、不動産投資という方法も注目されていて、この内容では意外と素人でも簡単に行える方法として利用されています。不動産を持つということに対しては、多額の資金を必要としているものと判断される方もいますが、実際には家賃収入を得ることができる内容になるので、得た利益によって返済に充てることができることになり、実質上として大きな負担を強いられてしまうことがありません。

続きを読む

初心者サラリーマンでも、自分の努力次第で実質利回りを上げられる。

初心者サラリーマンでも、自分の努力次第で実質利回りを上げられる。

利回りの意味

不動産投資において、利回りには2つの意味があります。表面利回りは1年間で得られる家賃収入を物件の値段で割るというものです。例えば120万円を家賃収入として得た場合、物件が2000万円となれば、表面利回りは6%ということになります。この表面利回りを見て、購入すべき物件を絞っていき、検討する物件を選んでいきます。

続きを読む

不動産投資の火災保険の掛け金に、掛け金の差が出るのはなぜ?

不動産投資の火災保険の掛け金に、掛け金の差が出るのはなぜ?

火災保険とは

火災保険において掛け金に差が出るのは致し方ないといっても過言ではありません。それは、そういう仕組みになっているからです。まずは、保険の仕組みを理解して、何をどうすれば掛け金が少なくて済むのか、あるいはどういう点に重点を置いて、そこに集中するかということを見極めて対応するのが大事であり、それが生活の知恵ということになります。

続きを読む