不動産投資にも融資する日本政策金融公庫とは?主要銀行を探る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

不動産投資にも融資する日本政策金融公庫とは?主要銀行を探る。

日本政策金融公庫とは

不動産投資はあくまでも事業であり、サラリーマンなどがそれに乗り出す場合は新たな事業を始めるという感覚がないといけません。つまり、事業用のローンというものを組まなければならず、そのハードルは結構高いものとなります。

そんな中、日本政策金融公庫は不動産投資にも融資をしてくれます。そもそも日本政策金融公庫というのはどういうところなのか、そして他の銀っ甲と比べ、メリットとなる部分はどこにあるのかというのを知っておきたいところです。

【スポンサーリンク】


日本政策金融公庫とは、政府系の金融機関です。以前は複数の政府系金融機関がありましたが、それが統合され、1つとなっています。新たに起業したい人が利用するケースや国の教育ローンなど様々な分野で貸し付けを行ってくれるため、国民生活には欠かせない金融機関とも言えます。

銀行との違いは銀行ではあまり取り扱わないようなものまで貸し付けをしてくれるというものです。不動産投資は事業の扱いということになるため、日本政策金融公庫の融資をうまく活用すれば、お得に借りることができます。

日本政策金融公庫のメリット

メリットとして、金利の低さというものがあります。金利は固定金利、変動金利から選ぶことができ、金利も一般的な銀行に比べ低く抑えられており、返済のシステムも選べるため、自分に合ったやり方を選択し、それで返済していくことが可能です。

融資期間は通常の住宅ローンに比べて短い10年、もしくは15年となっており、ある程度の自己資金というものが必要となります。この部分は事業としての扱いであり、住まいとしての扱いとは異なることがわかります。

最大のメリットは一定の金額を下回れば、担保が必要ないというものです。2000万円以下であれば担保がなくても借りることができるため、不動産投資を手広く行いたい場合には利用したい制度です。支店によって認められる場合、そうでない場合があるため、特定の支店でダメだったとしても、別の支店に足を運び、そこでローンの申請をするというのも大切です。

商工中金とは

一方、日本政策金融公庫とは別の政府系の金融機関が貸し出しを行う場合があります。それが商工中金です。こちらでも不動産投資への融資を行っていますが、日本政策金融公庫と比べると審査は多少厳しいのが特徴です。

【スポンサーリンク】


融資してもらえる金額は物件の7割程度となっていますが、商工中金では物件の耐用年数というものに注目しています。そのため、新築の物件や築年数が浅い物件が対象となりやすく、中古物件を検討している場合には融資が下りない可能性が考えられます。

このように、同じような政府系金融機関でも、中古物件もちゃんとフォローしてくれるところもあれば、厳しくそのあたりを吟味されるところがあるなど、その対応は大きく分かれます。

また、事業として扱ってはくれるものの、転売目的によるものは審査で除外されてしまうため、あくまでも家賃収入を目的とした不動産投資であることを示す必要があります。また、担保がより確実で、評価も高ければ適用される金利が下がるという優遇も見逃せない部分です。

他にも優遇があるポイントとして、女性や働き盛りの男性であれば金利を優遇してくれるというものです。つまり、担保がしっかりとしていて、女性、もしくは働き盛りの男性であればかなり金利は優遇され、銀行よりもお得ということになります。

まとめ

銀行は営利目的である一方、政府系金融機関は中小企業の支援というものがあるため、返済さえしてくれればそれでいいというスタンスです。金利の負担がネックになることもあるため、できるだけその部分を抑えれば、返済のスピードもそれだけ速くなります。事業として考える場合には政府系金融機関を巧みに利用することが求められます。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*