駐車場経営とは?空き地とアパートではどちらがメリットある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

駐車場経営とは?空き地とアパートではどちらがメリットある?

駐車場経営は、アパート経営と並んで不動産経営の最もポピュラーなものと言えます。双方に異なったメリットがありますが、オーナーの考え方として、アパート経営の方がハイリスク・ハイリターンを受け入れて大きな収益を狙いに行く姿勢があります。

【スポンサーリンク】


駐車場経営のメリット

駐車場経営の大きなメリットは、リスクの少なさです。立体駐車場でも作るのならば話は別ですが、あくまでも平面の青空駐車場を経営する場合、月極めであれば必要な初期投資は舗装とライン引きだけです。広さによっては数十万円で済むこともあり、これだけで失敗した時のリスクは殆ど無いと考えることができます。

コインパーキングについても、月極め駐車場の設備プラス、コインパーキングに必要なゲートや料金収受機を作るだけです。フランチャイズの形で参入すれば、日々のメンテナンスや料金の回収を代行してくれることも多いです。その分利益は少なくなるのが残念ではありますが。

地方の場合は一枠数千円の賃料しか得ることができませんが、繁華街の土地を使えたり、ビジネス街であるなど、一定の需要が見込める都市部のエリアであれば、一枠当り数万円の賃料を得ることができます。

コインパーキングについては、既に人気がある場所ではほぼ間違いなく競合が駐車場を作ってはいますが、上手くいけば毎日数万円の売り上げを取ることができます。規模の小さいマンション経営よりも多くの利益を稼ぎ出すことも可能です。

アパート経営のメリット

アパート経営のメリットは、やはり収益の大きさでしょう。部屋の広さや立地により差はありますが、一部屋入居者が決まれば、駐車場数枠分の賃料が手に入ります。もちろん人が住む場所ですから、入居者を決めるためにはメンテナンスをしなければなりませんし、場合によっては改修をすることもあるでしょう。しかしそれだけの見返りがあります。

一棟建てともなれば、それだけで生活をしていくことも可能である場合が多いです。しかし、初期投資がかなり大きな額になり、ローンを組むことが当たり前のようになっていることも事実です。資産運用というよりは仕事として、大きな収益を出す心構えが無いといけません。

【スポンサーリンク】


また、居住用不動産を建てることになりますから、将来の相続時に税制の面で有利になります。現在、アパート経営が流行しているのはこれが理由でもあります。

社会全体と言う観点から考えると、駐車場経営の方が有利な点は多いでしょう。現在、日本は人口が減少しており、単独世帯こそ増加してはいますが、社会全体の入居者のパイは減少していく傾向にあります。そんな中での新規参入ですから、以前よりも厳しい競争の中に放り込まれることになります。かと言って簡単に賃料を下げると儲けが少なくなりますし…。

駐車場の需要については、今後もある程度楽観できる状況にあります。普通車の登録台数は伸び悩んでいますが、軽自動車については好調ですし、地方でも交通機関が衰退した場合は自動車に乗ることになります。人口減少の影響を受けにくいものと言って良いでしょう。「一人一台」の水準にはまだまだ達してません。

まとめ

土地を所有しており、どちらを行うかを悩んでいる人は、駐車場経営を行う方が良いのかも知れません。何が何でもアパート!という気持ちが無ければ、もし失敗した時には非常に後悔をすることになります。

駐車場経営であればリスクは少ないですし、上に建物を建てませんので、いざ経営を辞めるとなっても、解体コストなどが殆ど発生しません。舗装がされていれば、場合によっては売却に良い影響をもたらすかもしれません。

どちらを行うにしても、事前のリサーチや収益の計画をしっかりと行うようにしましょう。なるべく運の要素を減らすことが成功への道です。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*