店舗併用型住宅とは?住宅ローンの使用は可能?メリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

店舗併用型住宅とは?住宅ローンの使用は可能?メリットは?

店舗併用型住宅とは一部を居住用として使用し、残りを店舗として利用する形の住宅を指します。例として個人商店やクリニックなどを開設する際に一階を店舗や診察室などとして利用し、二階や三階を自宅として使用するというものが典型的です。

カフェ経営やアパート経営などにも応用することが可能であり、店舗と名称は付いていますが事業に用いるスペースが同じ建物の中に含まれているものとして解釈することができます。このような住宅を購入あるいは建設するときに使えるローンは住宅の使い方によって違うので注意が必要です。

【スポンサーリンク】


住宅ローンのメリット

住宅ローンを使用するのが審査も比較的通りやすく、金利も優遇を受けやすくて長期ローンも組みやすいというメリットがあります。しかし、住宅ローンは居住用の住宅のみに適用できるものであり、店舗用の建物を手に入れるときには事業用のローンを利用することになるのが原則です。

しかし、店舗併用型住宅を必要とするケースも考慮してある商品が多く、店舗として使用するスペースを持っている住宅でも住宅ローンを適用できる場合があります。一般的に用いられているフラット35では延床面積の50%以上が自宅用として使用されるのであれば活用できると定められているのです。

これを基準にして考えて多くの金融機関では延床面積の半分以上が自宅用となっている限りは事業用ローンでなくてよいという待遇を与えています。金融機関によって提供されている商品の場合には金融機関側の裁量による影響も大きく、場合によっては半分以上が店舗用であっても受け付けてくれることもないわけではありません。

逆に自宅用の部分が半分以上あったとしても審査が通らないという場合もあります。基本的には半分以上が自宅用なら利用できるという解釈をしておくのが無難です。また、金融機関によっては居住用部分のみについて住宅ローンを適用し、それ以外の部分については事業用のローンで融資をするという形を取ることもあります。

いずれにしても金融機関をいくつか当たってみれば事業用のローンで自宅部分までカバーしなければならないということは避けることが可能です。

【スポンサーリンク】


住宅ローン控除について

ただし、店舗併用型住宅を手に入れるときには気をつけるべき点があります。住宅ローンを利用できるのはメリットですが、住宅ローン控除については受けられない場合があるので気をつけなければなりません。

延床面積の50%以上が居住用であることが求められているため、フラット35の条件を満たすようにして金融機関から融資を受けていれば問題はないものの、自宅用の面積がそれ以下になっているのに融資を受けられたというときには控除は適用することができません。しかし、自宅と店舗を別々に建てるのに比べるとコストは削減しやすいのは確かなのでトータルで見ると安上がりになることはよくあります。

店舗併用型住宅のデメリット

店舗併用型住宅にすることで自宅と店舗が直結していて仕事をしやすくなるのは確かです。しかし、このような形になっていることで二つのデメリットが生じます。一つはプライバシーの考え方が難しくなることです。店舗から自宅の中が見えてしまうようではオーナーも店舗を利用するお客もプライバシー面でストレスを感じてしまいかねません。

賃貸経営をするときには居住者の部屋の間取りについても十分に気をつけることが必要です。店舗経営による騒音や臭いなども自宅に届いてしまいやすいので防音性などの配慮を行った設計をすることが大切になります。

もう一つのデメリットは住みやすさと店舗経営のしやすさを両立させられる立地が見つかりにくいことです。必ずしも居住に適している場所が店舗として売り上げを伸ばせる場所であるとは限りません。両方を満たすような場所は地価が高くなりがちであり、それがコストを高くしてしまうこともあるので注意が必要です。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*