国家の税金と考えてみよう。投資物件は築年数が浅い物件が良いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

国家の税金と考えてみよう。投資物件は築年数が浅い物件が良いのか?

築年数と税金

国家の税金の側面から見ると、築年数は深い方が税金を安くすることが可能です。一般的に、建築物に対する税金に関しては固定資産税が有名ですが、建物や土地には資産価値が存在しますので、何もしなくても現金と代替となる価値を有していることになります。

【スポンサーリンク】


建物や土地は、それを所有している人の意思にかかわらず、周囲の環境や経済的な状況によって大きく勝ちが変動する可能性を持っているものであるため、その価値の変動には注意をしなくてはいけません。現実的に、土地や建物はそれらの価値が上昇していくごとに収めなくてはならない税の大きさも増えていきます。これは、投資物件に関しても全く同様に判断できます。

投資物件とはいえ、それを保有のであれば資産価値が存在するものとして固定資産税を支払わなくてはいけません。投資物件で収益を出したとしても、実際にそれを所有している所有者に変わりがない以上は、その税を支払う義務が所有者にあります。

では、なぜ投資物件に関しては築年数が深い方が税金が小さくなるのでしょうか。これは、客観的に見て投資物件の資産価値が低下位していると国家の基準によって判断されるからに他なりません。築年数が経過した物件は、新しい物件と比較すると消耗が激しいため、大半のケースで税は小さくなります。

土地と建築物

土地に関しては、消耗という考え方は存在しませんが、様々な素材によって建築された建築物に関しては、その建築物に対して利用された素材によって法律的な寿命が初めから決まっています。この考え方は減価償却と呼ばれるもので、建築物が築年数によってどれだけ消耗しているかを判断できます。そして、減価償却を判断するための指標として耐用年数という数値が指標が必要になります。

建築物はすべて同じ素材で建築されているわけではなく、その建築物に利用されている素材によってそれぞれ寿命が異なっています。ですから、それぞれの建築物に利用されている素材によって耐用年数が異なっており、それに基づいて税金の計算もきちんと行われるようになっています。

【スポンサーリンク】


例えば、現代社会においても建築物を木造で建築している物件は多くありますが、木造で建築された物件の耐用年数は約22年程度であると考えられていますので、単純計算で考えると築年数が20年以上を経過している物件に関しては建築物の消耗の度合いが激しいので、大きな税は必要になりません。

建築物の素材

一方で、高価な素材を利用している物件であるのならば、その建築にもコンクリートなどの耐用年数が長い素材が利用されていることが考えられます。耐用年数が長い素材が使われていると、長期的に余計な税を支払わなくてはならない期間が増えることを意味しますので、築年数が新しい物件が必ずしも良いとは限りません。

実際に、築年数が新しい物件や高価な物件は、税が高くなりやすい鉄筋コンクリートという素材を使っていることが多いです。鉄筋コンクリートで建築されている物件は遮音性に優れていますので静かな環境で生活をしやすい建築構造になっているメリットがあります。

現実的にそこで暮らすのならばそれで問題ありませんが、投資物件としてそうした物件を管理するのならば、減価償却や耐用年数を考慮した税の計算は必ず必要になります。築年数が新しい物件は、客観的な物件の価格が高くなる傾向があります。これは、売買だけではなく賃貸借契約の際でも同じです。

こうした傾向があるのは、築年数が耐用年数や減価償却の関連で必ず評価が高くなりやすいからです。そのため、高い価格で設定しておかないと、それを提供する側も利益を得ることができないという事情が隠れています。そのため、税金を考慮した投資物件の選択はとても重要です。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*