不動産投資は税金との終わらない戦い。税金と付き合う方法の指南編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

不動産投資は税金との終わらない戦い。税金と付き合う方法の指南編

税金対策を実行

収入が多い方は所得税に悩まされてしまうものであり、何らかの税金対策を実行しようと考えた時に候補に挙がることが多いのが不動産投資です。効率的になるという謳い文句でお誘いしてくる業者も多いことから、すっかりその気になり不動産投資を実行してしまう方も多いのですが、その後思いもよらない問題に悩まされることもあります。

【スポンサーリンク】


それが所得税は軽減されたものの、新たに行った不動産投資によって発生した税金の対処であり、慣れない分野という事もあり頭を抱えてしまう起因になりやすいです。こうした点から精通している専門家達は口を揃えてオーナーとして業務に従事する時は、より良い居住空間の提供に尽力するのと同時に節税も無視してはならないという事です。

このように提言するのは、不動産投資では税務の知識を持ち合わせていなければお金を残しにくいという特性があるためです。サラリーマンであるものの高額所得の方が大家となり不動産を入手し500万円分収入が得られた場合、給料と合わせて計算されてしまうので最高税率となり対策方法を実行しなければ半分も税金として取られるのです。

税金の処理

一方、前持って予備知識を得ておき方法を適材適所で行えれば金銭を手元に残すことが十分可能になります。こうした様子からわかりますが、稼ぐことがもちろん可能ではあるものの同様に税金の処理においても無視できないのです。

ただし、一切のノウハウを有しておらず基本的な仕組みすら判断できていない場合では暗中模索といった様相であり、正しい判断をするだけではなく方法自体が見つけられない恐れもあります。

しかし、不動産投資は一旦節税のためのシステムを作ると毎年同額の効果を見込むことが可能であり、プロの中には一年間分の家賃を100万円増幅させるよりも同じ額だけ節約する方が容易だとお話する方も居ます。

【スポンサーリンク】


ところが、極めて効率的に実行し続けられていて他のオーナーに比べて明らかに得しているという場面でも、良い思いは長続きしない可能性が高いです。

その理由は方法が行き過ぎてしまうと関係機関から調査が入るといったように想定外のトラブルの引き金になるリスクも含んでいるためです。当然やましいことをしているわけではないので堂々と対応すれば良いのですが、一定のペースで応対し資料と共に説明するのは効率的とは言えません。

税理士に相談

そこで気になるのはお尋ね者が来たとしても何も問題にならない方法ですが、大きく分類すると3つに分けることができます。それはあえて出費するという方式であり接待やセミナーを開いたり、建造物の修繕を実行していくということです。自営業の方であれば1年に一度必ず行う青色申告も上手に使うと頼もしい味方になってもらえるので覚えておくと良いでしょう。

さらに、一見無理やりのようにも見えますが税率そのものを下げてしまうために、役員のポジションに配偶者などを充てるのも好ましいです。配偶者に担当してもらえば収益が分散化させられますし、法人化により尚更低くするといったことも実行可能です。これらは建造物を手に入れた後から学んでいっても良いのですが、やはり望ましいのは不動産投資を考えた瞬間から準備を開始するということです。

特に法人に対して所有権を移動させるとなれば別人格として取り扱いされるので、再び登記するための費用や税が大変大きく膨れ上がります。諸々の費用は全体の1割もしくは2割になるほどなので、少しでも税金について不満を持ち始めた時から意識すべきです。

どのような地域であっても周囲を見渡してみると必ず税理士が在籍している事務所があるので、相談を疎かにすることなく税金に纏わる不満も含めてお話してみましょう。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*