投資物件のコストを抑えるテクニック。生前贈与、養子縁組について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

投資物件のコストを抑えるテクニック。生前贈与、養子縁組について

人の逝去に伴い発生する相続では、被相続人がある程度の資産を遺していた場合、相続税と言う事で幾らか納めねばならなくなります。不動産物件を多く所有している場合では、相続税額もかなりのものと成りかねません。出来るだけ自身の家族に遺産を多く遺してあげたい時や、相続税で心配させたくない時には、相続税対策として使えるテクニックがあるので、確認しておくと良いでしょう。

【スポンサーリンク】


生前贈与

まず、相続税対策としてよく用いられるのが生前贈与です。相続とは違い、存命中に資産を分け与える行為を指し、これには贈与税が掛かりますが、方法によっては非課税となるケースもありまからし、上手く使えば相続税の節約にも有効となります。不動産関係の贈与で非課税になる場合は幾つかあるので見ていきましょう。

最初に、大きな金額をお子さんに渡してあげたい時には、相続時精算課税選択の特例が使えます。20歳を超えるお子さんに対して最大で2500万円の贈与が非課税となる方法で、これに組み合わせて住宅取得等資金の贈与を行うことで、3000万円を超える額を非課税とすることも可能となってきます。

お子さんがこれから独立し、家を持つという場合には適した方法と言えるでしょう。夫婦間の居住用不動産の贈与でも2000万円を限度に住居、土地を贈ることが出来ますが、そこに住み続ける必要があるなどの条件がつきます。

他に、年間110万円までならば非課税と言う小技もありますので、これで少しずつ分けてあげることも可能ですが、税務署もこう言うところには目ざといので、下手をすると失敗する場合があります。

養子縁組

相続税そのものを減らすためには、養子縁組が行われるケースもあります。養子縁組を行うことで相続人が増えますから、その分メリットが有り、相続税の税額控除が期待できる他、生命保険、死亡退職金の税金対策にも有利です。不動産においては養子も住宅取得等資金の贈与対象となるでしょう。

【スポンサーリンク】


但し、養子縁組をすると逆にデメリットも有りますので注意が欠かせません。養子が結婚した場合にも、その夫、妻にも相続権が発生しますから、遺産分割の際には一悶着あるかも知れません。トラブルを未然に防ぐには、養子縁組の際に、推定相続人の理解を得ておくことは必要でしょう。

不動産管理法人の設立

マンションなどの投資物件を多数保有しているような場合では、不動産管理法人の設立も、節税対策としては選択肢です。法人化することで企業としての仕組みが利用可能となりますから、推定相続人に給料を渡したり、事業を引き継がせると行った形で、合法的に資産を分割していくことが可能となります。所得や資産を分散でき、相続対象となる資産を少なくする効果も考えられます。

勿論、生前から節税対策としては良く用いられる方法となっており、ある程度の不動産をお持ちでしたら考えておきたい対策方法となるかと思います。ただし、一定の支出や義務も出てきますので、そう言ったデメリット部分との兼ね合いを考えることは欠かせません。

広大地評価

最後に、広大地評価による相続税対策を行うことも着目されているので、確認しておきましょう。広大地とはどういう定義か、と言うとこれがケースバイケースで極めて難しい問題と成ります。ただ、一旦広大地と認められますと、大幅な相続税節税対策が見込めます。

認められる要件は複雑で、不動産専門家の方でも慎重なスタンスとなる場合が大きいですが、不動産鑑定などをしっかり進めていけば、認定を目指せるかもしれません。大きめの土地を持っているという場合では、考えてみては如何でしょうか。

不増産の相続税対策は全体的にメリットもあればリスク、デメリットもあります。税務署の方も、こう言った部分には目を光らせていると考えられますから、税理士などに相談しながら対策を進めて行った方が、後悔を防げるかと思います。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*