バブル景気時には、強引な手法による不動産売買が問題となった事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

バブル景気時には、強引な手法による不動産売買が問題となった事。

バブル経済

新しい知識創造が行われ、それがv教育の場や実務の場に円滑に投入されない領域の事業は、社会変動への対応を誤り専門分野として疲弊し社会病理を発生させてしまいます。たとえば土地市場の異常挙動に対応を誤って、バブル経済に突入してその解決の方策を誤って経済不況を招いてしまった原因のは、政府や財界の中枢において意思決定を行った指導者たち知識不足にありました。

【スポンサーリンク】


開発プロセス、流通プロセス、そして経営プロセスのメカニズムの知識もなく、これらのプロセスに関する制度の高い状態、病状についての科学的な情報もなく、また十分な科学的な研究チームを構成してこれらの知識や情報を獲得する行動もとりませんでした。

不動産の開発を抑制するべきバブル前期に、開発を加速して流通を促進すべきバブル崩壊後に流通規制に走り、土地利用からの適正な収益還元で不動産の経営をすべき時に、バブル値付けを目いっぱいにやるなど無定見、無知の事業が官民協調によって展開されました。

このような非科学的な粗悪な対策を加えられて、散々痛めつけられて具合が悪くならない経済などありません。これは政府の無知が無恥となり、国民の不幸を招き寄せた好例です。たとえ善意の選択であったとしても、無知は失敗をもたらしてしまいます。この失態の再発を許してはなりません。

後年バブル景気

1980年代半ば以降、不動産市場は異常な激動時代に入りました。国際化、情報化などの新しい潮流で東京都心部にオフィスビルが集中、同地域で地価の上昇が始まりそれがやがて周辺部や地方有力都市へも拡大していきました。この動向に加えて85年に行われた先進5か国プラザ合意による金融緩和策が、過剰流動性をもたらしてしまい土地市場は過熱してしまいました。

大幅な地価上昇は90年まで続き、不動産業は活況を見せましたが地価の安定を要望する声の高まり、さらにブームの反面では土地ころがし、悪質な地上げなどの問題を引き起こし政府は対応策に迫られました。

【スポンサーリンク】


そうした対応策として土地譲渡益への重課税、地価監視区域の指定、地価税の創設、融資総量規制などの抑制策が進められました。以上の間の異常なブームは、後年バブル景気と呼ばれるようになりました。

経済全体が不況期に

この経済はその不実性でやがて崩壊しました。経済全体が不況期に入ったのは1991年以降でしたが不動産業とその市場は、それより早く90年秋から不況期に入り、大型倒産なども発生し始めました。同じ年の融資総量規制と公定歩合の引き上げで、この市場は一気に低迷してしまい長期不況期に入ってしまいました。

土地や住宅の取引が急速に後退し地価は下落し続け、ビルでは空き室率が上昇しました。こうした長期の不況下でこの業界は大手、中堅、中小の各階層ともストック対応的な貸家の経営、管理業務へのシフト傾向を見せました。

また一時的には低価格によるマンションブーム、消費税の引き上げ前の住宅の駆け込み需要もありましたが、本格的な回復にはつながらず回復のためには土地の流動化促進が緊急課題とされました。

建設省では不動産業改革ビジョンをまとめましたがその中では特に地価の上昇に依存しない経営の確立、インターネットなど情報通信手段の進展に対応した情報の変革、市場の透明化、小口化、証券化などによる新しい投資市場の創造などを強調しています。

バブル期の経済は右肩上がりに上がってくる地価を背景にして、それを担保にして資金を融資する金融機関。土地を持っていさえすれば多額のお金を融資してくれるということで、土地の売買が盛んに行われました。本来ならば購入した土地を利用してその収益で経営を行っていかなければならなかったのですが、土地の売買自体が狂ったように行われました。そして突然の国による引き締めが行われたのです。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*