初心者不動産投資家が失敗しない方法。アパート経営が成功するには。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

初心者不動産投資家が失敗しない方法。アパート経営が成功するには。

投資を始める人が多くなっている

日本は少子高齢化への道を突き進んでいます。近い将来働いている人の人数よりも退職した高齢者の人数の方が多くなるでしょう。そうなると現在ギリギリの状態で成り立っている年金制度が根本的に破たんする可能性が非常に高いです。

そういった不安要素を感じている人が多いからか、以前ではお金に裕福な人しかおこなわないイメージだった投資に関心を持ち、始める人が多くなっています。投資の種類にはいろいろありますが、そんな中でも現役で働いているサラリーマンの人でも始めやすい投資が不動産投資です。

【スポンサーリンク】


不動産投資とはアパートなどを一棟丸々買ったり、マンションの一室などを買ってその部屋を提供し、澄んだ人の家賃を得て資産を増やす方法ですが、株式やFXと違い、常に動向を注視する必要が無いため、投資に時間を取られることは少ないです。しかしながら何も考えずに初心者が投資に手を出すのは無謀です。どのような投資でもリスクはありますから、リスクを理解していないと失敗します。

成功例の共通点

不動産投資の初心者が失敗しないためには、成功した人が持っている共通点を知っておくのも一つの方法です。

不動産を購入して不動産投資を始めるために重要なものの一つとして購入するための資金があります。この資金は大きく分けると自分で所持している自己資金と、金融機関から借りるローンと二分けられますが、アパート経営に成功している人の共通点として自己資金を出来るだけ多めにして物件を購入しているという共通点があります。

自己資金を多めに出すという事は借りるお金が少なくなります。そうすると毎月の返済額はそれほど多くなくて済みます。

一般的にアパート一棟の空き室率は30パーセントとされているので、だいたい70パーセントの入居率での家賃で返済できるくらいの返済額にしておかないとたちまちのうちに赤字に転じ、毎月の家計から削らなければならなくなり、ついには物件自体を売却せざるを得ないという最悪の事態になります。

【スポンサーリンク】


自己資金が多いと、入居率を上げるために敷金や礼金を一時的に無料にするなどの対策をとりやすいのも大きなメリットです。自己資金を溜めるのは大変ですが、だいたい購入費用の3割もあればかなり余裕を持って経営できます。

管理会社を見つける

成功した人にみられる共通点としては、他に良い管理会社を見つけてアパートの管理を任せているという点も挙げられます。管理会社にアパートの管理を任せると、当然出費は発生しますが、自分D絵アパートを管理するのはとても大変で、肉体的にも精神的にも披露することが多いです。

とはいえ、良い管理会社を見つけるのはなかなか大変です。良い管理会社を見つける方法としては実際に利用している人の口コミや評判なども重要ですが、最も良い方法は実際に管理会社を訪れてみて、他の管理会社について聞いてみることです。聞いたときに他の会社をおとしめるような誹謗中傷をいうようであれば、誹謗中傷を言う管理会社は避けておくようにしましょう。

また、数件の管理会社があまり良い評判を言わないような会社も避けておいた方が良いです。話を聞いた中から評判が良かった会社に今度は自分で足を運んでみて、実際に確かめてみます。そして、その管理会社が実際に管理している物件を訪れて、物件の管理状態もしっかり確認しましょう。

特に問題が無いのであれば、あとは入居者がどんな人かも確認し、入居者にも問題が無ければ初めて契約の交渉をしてみてください。それくらい管理会社を選ぶときは慎重にならなければいけないのです。最後に得た収入の内、必ずメンテナンスの費用は毎月貯金しておきましょう。メンテナンスを定期的に行わない経営者は必ず失敗します。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*