不動産投資やマンション経営は失敗する?初心者が気を付けるべき事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

不動産投資やマンション経営は失敗する?初心者が気を付けるべき事。

不動産投資を初心者が始める際には、きちんとした準備が必要になります。しっかりと入念な準備を行っていないと、失敗をして利益をきちんと確保できなくなってしまうので、必ず細かい部分に至るまで準備をして、投資が失敗しないように気をつけましょう。

【スポンサーリンク】


物件の価値を正しく知っておく

不動産投資やマンション経営において大切な準備としてやっておくべきことのひとつに、投資を行なう不動産やマンションの資産価値を的確に把握しておくということが挙げられます。投資の対象となる不動産やマンションは、基本的に不確定な要素を含んでいることが多いです。

また社会的な変化や国際的な経済状態に影響されて、価値が大きく変動することもあります。そのような状況に対して出来るだけリスクを抑えて投資を行なうには、物件の価値を正しく知っておくことが大切です。不動産物件の資産価値は、個人では正確に算出することはほぼ無理なので、必ず専門家に相談して算出してもらうことになります。

不動産物件の資産価値を算出してくれるサービスでは、現在の資産価値に加えて過去や未来の価値に関しても算出してくれるので、それらの数字を参考にして投資先を決めると良いでしょう。資産価値の査定に関しては費用がある程度はかかってしまいますが、きちんと資産価値を知っておかないと投資する際のリスクが大きくなってしまうので、可能な範囲で投資予定の物件の査定を依頼するようにしましょう。

物件のある場所をきちんと選定

また投資予定の物件の査定以外に初心者が気をつけるべき投資の際のポイントとしては、購入予定の物件のある場所をきちんと選定してから投資をするということが挙げられます。不動産投資において大切なのは、立地条件と物件の設備です。

【スポンサーリンク】


とくに立地条件に関しては、不動産投資やマンション経営では、最重要と言えるポイントなので、土地の特性を含めてきちんと事前に調査をして、需要や今後の予測を掴んでおきましょう。また立地条件で言えば、周辺環境の調査に関してもきちんと時間をかけて行なうと良いです。不動産物件は近隣の環境や周辺の地域の状態によって大きく影響を受けてしまいます。

そのため買い物施設がどの程度存在しているのかや、学校や公園の存在などを細かくチェックするようにしましょう。そして一定の基準にそった物件のみを投資対象として選んで、比較検討をした上で投資先を決めると、リスクを最小限にして不動産投資を実現することができます。

施設の管理

マンション経営において気をつけるべき点として挙げられるのが、きちんとした施設の管理を行い、最新の設備を常に導入しないと、入居者が契約を更新してくれないという点があります。マンションの賃貸の場合には決められた年数毎に契約をすることになりますが、部屋や共有スペースにおいて不備があると、きちんとした満足を与えることができずに、結果的に契約を更新してもらえなくなってしまいます。

そうなると新しく入居者を募集することになるのですが、最新の設備が存在していないと、なかなか新しい入居者が決まらないことが多く、家賃の値下げを行わないといけないことになります。そういった事態を避けるためにも、定期的に施設内の整備をバージョンアップして、綺麗で使いやすい環境を整備しておく必要があります。

また清掃員や管理業者などに依頼して、周辺の設備の清掃をやってもらうと、入居者の満足度を大きく高めることができるので、契約を更新してくれる可能性を大きく高めることができます。基本的に不動産投資では、投資を行った物件に対するメンテナンスがとても重要なので、投資を行った物件に関しては、定期的に管理や修繕を実行して、綺麗な状態を長期間キープするようにしましょう。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*