不動産投資で失敗した時の借金は?借金をしない為、購入前に考える事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

不動産投資で失敗した時の借金は?借金をしない為、購入前に考える事

失敗した時の借金

不動産投資で失敗した時の借金はどのようになるのでしょうか。基本的に、不動産での投資をしようとするときには、金融機関からお金を借りて行うことになるはずです。不動産の価格というのは一千万円単位のお金になることが普通です。

【スポンサーリンク】


例えば株式であれば、単位株1000株を買うとしても株価数百円の銘柄であれば数十万円の自己資金で投資ができますし、ミニ株や投資信託のようなものであれば場合によっては数千円から投資ができます。外国為替で投資をする場合であっても、もちろんそれが現実的に投資と呼べるものがどうかを別にすれば、それこそ数千円からであっても立派に始めることが可能です。

しかしこれに比べると不動産というのは絶対的な価格が全く異なります。数千万円の資金を自己資金で用意でき、しかもそれを投資に回せる人などまずいないでしょう。一般の人が不動産投資を考えるときには、当然のようにその資金を金融機関からの借入でまかなうことになります。それで、もし投資に失敗したとき、その借金はどのようになるのでしょうか。

これは、別に難しい話でも何でもありません。お金を貸したほうからすれば、とにかく貸したお金を利息をつけて返済してくれさえすればよく、またそうしてもらわなければ困るのです。

借りたお金はそのまま残ります

借りたお金を投資に回していかほどに運用利益が出ていても、あくまでも取り決めた利率で返済してもらえばよいわけですし、思ったほどには利益が出ていなくても、あるいは投資に失敗して赤字が出ていようと、とにかく淡々と定めた利率でもって返済してくれればよいだけの話です。

要は、投資がうまくいかなかろうが何であろうが、借りたお金はそのまま残りますということです。借りたお金は投資がどうなろうと返済していかないといけないのです。うまくいかなければ返さなくてよいとか、返済が免除されるというような甘えた話は基本的に存在しません。ただそれだけのことです。

【スポンサーリンク】


しかし、これでは身も蓋もない話ということになってしまうでしょう。現実問題として、お金を借りて不動産投資をしていた場合に、うまく行かなかったらどのようにすればよいのでしょうか。また、どうしようもないというか、極めて困った状況に陥るというのであれば、そういう状況に陥らないようにするためには事前にどういったことができるのでしょうか。

手に入れた物件を売却する

これは、借りたお金の金額や、失敗の程度によるということになるでしょう。例えば、うまく行かなかったといっても、その程度が軽いものであって、改善の見込みがあるのであれば、とりあえずそのまま継続するという手もあります。例えば一時的に空室になってしまって賃貸料収入が入らなくなったけれども、また入居者が見つかりそうだといったケースがこれに該当します。

あるいは、そもそも借りたお金がさほど高額ではなくて、賃貸料収入がいくらか減ってしまったり、あるいは完全に途絶えてしまったような場合であっても、不動産以外の収入、例えば給料収入から十分に返済していけるというような場合も該当するかもしれません。

これは比較的傷の軽いケースです。しかし、こんなケースだけとは限りません。空室になってなかなか次の入居者が見つからないとか、周辺の賃料相場から考えてもう明らかに十分な収益は見込めないといったケースでは、手に入れた物件を売却してその売却益で借りたお金を返済してしまうことを考えたほうがよいこともあります。

このような事態に陥らないようにするための方策は一つではなく、またどんな場合であっても当てはまる対策というのはなかなか存在しませんが、できるだけ需要の高い物件を選ぶことと、できるだけ借入金の金額を少なくするために自己資金を十分に用意することが挙げられるでしょう。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*