札幌の不動産投資はどうなのか。札幌不動産投資の失敗の可能性を探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

札幌の不動産投資はどうなのか。札幌不動産投資の失敗の可能性を探る

札幌での不動産投資

不動産投資は長期投資に該当するものですから、短期的な視野だけで簡単に話を進めるべきではありません。慎重な物件選びと、投資するエリアについてしっかり調査することが求められます。また、投資するメリットばかりを考えるのではなく、リスクとしっかり向き合うことも非常に大切です。リスクと向き合うことで初めて、失敗を防ぐことができるという考え方を持たなければなりません。

【スポンサーリンク】


さて、旅行を通じて北海道の魅力を感じ、この地で不動産投資をはじめてみようかと考える方は少なくありません。北海道は夏が涼しく、四季をはっきりと感じることができると言われています。中でも、札幌は清潔感の溢れる景観や観光地が豊富であること、食文化が発達していることなど魅力満載です。

そして、全国の住みたい都市ランキングや魅力的な街ランキングなどでは上位の常連となっているほどの人気です。確かに観光地として魅力は極めて大きいと言えるでしょう。

こうした理由もあって、過去には札幌は不動産投資が活発な時期もありました。数年前までは表面利回りが15%~20%程度の物件がゴロゴロと転がっている状態とも言われていたほどです。しかし、現在はというと表面利回りは10%を切ることが当たり前になってきている状況です。

空室率という問題

利回りが10%もあれば問題ないと考える方も多いでしょうが、人口が溢れている東京とは少し事情が異なります。空室率という問題です。2010年頃から札幌では不動産投資ブームが起こり、多くの収益物件が建てられてきた経緯があります。現在ではやや供給過剰になっていて、空室率が20%に迫る行政区も見られるようになりました。

また、家賃の額が東京に比べて低いことも懸念事項です。賃料収入を得るためには、それなりの努力が必要という点は知っておかなければなりません。もう1つ注意しておきたいのが冬の積雪です。

北海道ではロードヒーティングという道路を温める設備を整えたり、除雪作業を外注するといったコストにが発生します。こうした事情を踏まえると、東京に比べると失敗する可能性は高いと見るのが常識的と言えるでしょう。

【スポンサーリンク】


札幌の不動産投資の可能性

今まで失敗する可能性についてばかり述べてきましたが、札幌の不動産投資には可能性も十分あります。魅力的な物件や賃貸ニーズが見込める物件が手に入るならば当然狙うべきですし、低金利のローンを組むことができた場合も同様です。

また、賃料収入というインカムゲインを得る方法以外の道を考えることもできます。まずは不動産の売却益(キャピタルゲイン)を狙うという方法です。現在、札幌市では2026年の冬季オリンピック招致計画があり、招致活動が本格化しています。もし、オリンピックの開催が実現となれば、地価が上昇することはほぼ間違いないと言えるでしょう。

そこで、キャピタルゲインを狙って先行投資しておくというのも有効な手段になるかもしれません。そして、外国人観光客が増加しているという点も魅力の1つです。北海道の玄関口となっている新千歳空港では、東南アジアや台湾、中国や韓国などの直行便が整っています。

そして、これらの地域からの観光客が激増しています。特に、雪が降らない東南アジアや台湾などからの人気は年々高まっています。そこで、購入した不動産をこうした外国人向けの民泊施設として活用するという方法も考えられるでしょう。

このように、札幌の今と将来を予測して戦略的な不動産投資を行うことは、非常にメリットがあると言えるでしょう。そのためには、情報収集が欠かせません。信頼できる不動産会社と連携を取りながら、物件情報やエリア情報をしっかり収集しながら、自分でもインターネットで情報収集を行うなどの工夫が必要です。こうした取り組みによって、投資を成功へと導くことができます。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*