カンボジア不動産投資は危険!失敗確率が高い為、絶対にするな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

カンボジア不動産投資は危険!失敗確率が高い為、絶対にするな。

不動産投資のグローバル化

近年は不動産投資でもグローバル化は進んでいる言えるのでしょうか、国内のものではなく、欧米やアジアの海外不動産物件に対して投資する、と言うスタイルも良く見られるようになってきました。国内では、不動産市場は円熟味を増しているため、投資する場合には家賃収入をメインに考えることも少なくはありません。

【スポンサーリンク】


ただし、海外ではこの点、まだまだ、不動産物件への需要が高く入居者数も多ければ不動産物件自体が値上がりを続けているというエリアもあります。つまり、家賃収入だけではなく、海外では不動産物件を転売して差額で儲けることが期待しやすいので、投資家の間では人気となっている国もあります。

カンボジア

その一つが、近年、発展を遂げてきたカンボジアです。貧困国ではありますが、未開発資源もあって海外からの投資額は小さくはなく、経済伸び率も高い水準に達します。この為、国内でもカンボジア不動産物件への投資も注目を集めていたのですが、日本人を対象とした大規模詐欺に見舞われたり、外国人は好きな不動産を購入できないなどのリスクも有り、デメリット面も指摘されています。

大規模詐欺は有名な事件で、対象が不動産ですから被害総額の大きさもかなりのものとなっています。勿論、日本でも詐欺は発生しますが、カンボジアのこの事件では、国境を越えて行われた詐欺のために立件もですが、賠償請求なども難航したようです。美味しい話には裏があるといいますが、外国での投資では何かあった際、このように綿密な対応というのは難しいものがあります。

【スポンサーリンク】


たとえ詐欺ではなくても、コミュニケーションが上手く取れなかったり、考え方の違いもありますから、日本での様な対応を取ってもらえない時は、しばしば出てくるでしょう。こういった、遠隔地で何が起こっているのかわからない状況で、ずるずるとリスクとコストだけが増えていくという事態に陥るのは、恐怖といえるかも知れません。

また、カンボジアでは外国人への不動産購入が厳しく制限されており、日本国内のように狙った物件を自由に売買するというのは、難しい状況となっています。選択肢が限られているため、自由に売買するには国籍を取得したりなどが選択肢となってきます。法律体系も違っていますから、どうすれば第三者に権利の対抗要件を備えることが出来るかなど、知っておかないと危険な事も出てくるかも知れません。

リスクヘッジしながらリターン増加を考える

コンドミニアムなどの物件は比較的簡単に手に入れることはできますが、海外不動産投資ではキャピタルゲインを狙い、未完成物件を購入し、完成後に高値で売るという手法が一般的です。この点、日本でしたら3年計画ならば3年で建ちますが、海外では、そこまできっちりとした計画は見込めません。

工事遅延などで余分な出費がかさむリスクも考えられますし、キャピタルゲインを狙っても、実際、未完成物件の段階で高値で売りつけられているという危険性もあります。他にも、税金関係や国家間での取引ですので通関の際のトラブルなど、思わぬ所で失敗する可能性も考えられます。

こう言ったリスクを冒すことになりますから、もし、不動産経営に失敗したら、損害は相応に大きくなるはずです。ハイリスク・ハイリターンを考えるならば、海外投資も選択肢にはなってくるかと思いますが、同じハイリスクを抱えるならば、国内不動産で堅実にチャレンジすれば、リスクヘッジしながらリターン増加を考えられるのではないでしょうか。

カンボジアでの不動産投資はリスクもあり、上手く軌道に乗せるのは簡単ではない場合のほうが多いでしょう。メリットだけを謳う情報もありますが、やるには相応の覚悟と、そして、万が一の際には深入りしすぎて傷口を広げる前に、早めに諦める勇気も大切かもしれません。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*