不動産投資の失敗例とは?不動産投資は成功しない?失敗例を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

不動産投資の失敗例とは?不動産投資は成功しない?失敗例を公開

不動産投資の失敗例

まとまったお金を運用して利益を得たいなら、株やFXなどの金融投資の他に不動産投資という方法もあります。マンションや一戸建てを購入し、人に貸すことで収益を得るのです。経営が安定してしていれば毎月のように家賃収入がありそれだけで生活ができるようになります。しかし、当然のようにリスクがあり、失敗する人もたくさんいます。

【スポンサーリンク】


失敗例の一つとして挙げられるのが入居者が決まらないことです。入居者がいないと当然家賃収入も入ってきませんので大きな損失となってしまいます。入居者が決まらない原因としては駅や大学から遠いところに建っていて不便であること、近所に競合するアパートがたくさんあることなどが挙げられます。

他にも退去者が出て部屋を修繕している間に3月や9月などの引っ越しシーズンが過ぎてしまったということもあり得ます。特に大学生を対象にした物件の場合は4月を逃すとなかなか決まりません。入学、卒業のタイミングで一斉に学生の移動が行われるからです。

設備の修理などでお金がかかる

他の失敗としては設備の修理やリフォームで予想以上にお金がかかってしまったということもあります。例えば高価な冷暖房を使っている場合、また雪国では雪を融かすための装置もあります。故障するとそれだけで数百万となるケースもあり、運営して数年で故障してしまうと家賃で取り返すのにかなりの年月がかかってしまいます。

入居者が入れ替わる際のクリーニングもお金がかかる原因です。単身者の入居ですと数か月で退去してしまうこともあります。それでも部屋のクリーニングは必要ですし、場合によっては壁紙の交換もしなければいけません。それらの費用が予想外にかかってしまうということも失敗する一因です。

【スポンサーリンク】


経営する環境が変わってしまうこともリスクのうちの一つです。例えば大学生を対象にしてワンルームマンションを経営していた場合、大学が移転してしまえば空室リスクは上がってしまいます。

企業の工場が閉鎖してしまうこともあり得ます。客層を絞ると環境が変わってしまった場合は一気に価値が下がってしまいます。大学などは田舎にキャンパスがあると学生が集まりにくくなっているため、都心へ移転することが多くなっています。

リスク回避の対処をする

以上の他にも不動産投資の失敗例はたくさんあります。しかし、失敗している人がいる一方、成功して安定した老後を送っている人もいます。中には運よくリスクになるようなことが起こらなかった人たちもいます。しかし、多くの人はそれらのリスクを回避できるようにあらかじめ対処しています。例えば家賃保証を付ける方法があります。

空室になっても家賃が入ってくるので空室リスクは避けられます。その代わり収入は低くなってしまいます。たとえ受け取る額が減っても安定した収入を得たい場合に利用するといいでしょう。他にも複数の物件を持つとそれだけでリスクを避けられます。

1億円の物件を1つ持っているよりも、2500万円の物件を4つ持つようにすると、例え1軒でトラブルが起きて収入が入ってこなくても他の3件でカバーできます。その場合は学生向け、社会人向けなどターゲットが異なる物件を買うほうがリスクを分散できます。資金が少ないうちは難しいですが、増えてくると他にも物件を買って経営を安定させるようにしましょう。

高いお金を払って建物を買って経営しようとしても、入居者が決まらないこともあり、これは大きなリスクとなります。リスクを取らなければ大きな収益は得られないのは当然ですが、それでもリスクを軽減する方法はあります。万が一のことを考え予め対処をするようにしておけば、不動産経営は失敗しにくくなるでしょう。多くの成功者が実行している方法です。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*