高利回り物件は問題だらけが当然。儲けたいなら、当然乗り越える壁。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

高利回り物件は問題だらけが当然。儲けたいなら、当然乗り越える壁。

物件の傷み

高利回り物件には、自分が想像している以上にいろいろな問題が見つかることがあります。見つかった時は、落胆していますが、それを乗り越えなければ、不動産投資は成功しません。不動産投資をして儲けたいと言う気持ちを捨てないことが大切です。

【スポンサーリンク】


高利回りの物件で、よく見つかる問題は物件の傷みです。多くの人が、部屋を借りているので、当然部屋の中はダメージを受けています。子供がいる人が借りていたら、そのダメージはさらにひどくなると考えた方が良いでしょう。

ダメージは自分で修理することによって、小さくすることが可能です。一定のコストが必要になりますが、それは不動産投資によって取り戻すことができます。部屋の傷みを改善した場合は、借り手にそれをアピールすることも大切です。

アピールすることにって、安心して部屋を借りてもらえるようになります。部屋の傷みが見つかったら、念入りに修繕しましょう。お金を惜しんではいけません。大きなダメージがあるのに、それを応急修理で済ませるようなことをしたら、将来的に損害が大きくなります。

人のトラブル

高利回りの物件では、人のトラブルが起こることがあります。人の往来が激しいので、人間関係のトラブルが起きてしまいます。例えば、ある人が別の人の部屋からの騒音に腹を立てる場合があります。この場合は、その不動産のオーナーが、両者の言い分にしっかり耳を傾けることが必要です。

そして、自分にできそうなことがあったら、それを実行します。例えば、上記の例だったら、騒音を出している人に注意します。注意をするときは、感情的にならないことを重要になります。住人同士の対立が激しくなって、自分もそれに巻き込まれて身動きがとらない時は、不動産管理会社に仲裁に入ってもらいましょう。第3者が間に入れば、感情的なしこりを解消できる可能性が高くなります。

【スポンサーリンク】


高利回りのアパートやマンションは、他の人も狙っているので、それを見つけたら、迅速に行動しましょう。下見を念入りにして、問題がないことが分かったら、手付金を多めに支払います。見つからない前から、多くの不動産会社とコネを持っておくことも大切です。コネがあれば、それを生かして普通の人より早く良いアパートやマンションを見つけられるようになります。

アパートが多い

高利回りのものは、アパートのことが多いです。アパートは家賃が安いので、借りる人にも人気があります。古くなっていると言う問題がありますが、これを解決できたら、良い投資になることは確実です。古い建物でも、老朽化が進んでいないものをできるだけ選ぶようにしましょう。

最近の若い人は、きれいな部屋を好みます。たとえ古いアパートであっても、部屋の中が傷んでいなかったら、借り手が現れるでしょう。購入する場合は、部屋の中まで念入りに調べることが必要です。特に、異臭には気を付けましょう。異臭がしたら、その部屋はトラブルの原因になります。どこかにカビが生えているのかもしれません。カビはアレルギーの原因の一つになります。

実際の利回りには2つの種類があります。それを見極めることも必要です。その2つとは、表面利回りと実質利回りです。表面利回りは、家賃の収入の総額を物件の価格で割ったものです。これは実際の利益の目安にしかなりません。

実質利回りは、家賃収入から経費を引いて、建物の価格に購入するときの経費を足しもので割ったら出すことができます。高い利益を出せると不動産屋が宣伝していても、表面利回りのことがあるので注意が必要です。表面利回りではなくて、実質利回りを計算してからアパートやマンションを買うようにしましょう。不動産屋の巧妙な営業には注意することが必要です。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*