テナントを居室にリノベーション。居室なら高く売却できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

テナントを居室にリノベーション。居室なら高く売却できる?

不労所得

不動産投資には不労所得を得る事が出来る魅力を持ちます。不労所得とは、働かずにお金を得る事です。一見、不労所得は働かないでお金儲けが出来るので悪い事をしているなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、不動産投資は自分の資産を使い物件を購入、それを第三者に貸し出すので、何も悪い事をしているわけではありませんし、資金だけで投資物件を購入出来れば、収入すべてを好きな事に使えます。

【スポンサーリンク】


しかしながら、不動産投資を行う大半の人がローンを組んで投資物件を購入しています。さらに、投資物件は一般的な住宅ローンを利用する事は出来ません。住宅ローンはあくまでも自分が住むための住宅を購入する時に利用するローンで、ローンの返済中に第三者に部屋を貸す事は出来ないのです。

住宅ローンの場合は、安定した収入や継続収入があり、年収が一定条件をクリアーしている事で融資を受けられる、さらに金利が安いなどのメリットもあります。投資用物件を購入する時には不動産投資用のローンがあるので、住宅ローンのように融資を受ける事は可能ですが、住宅ローンと比較すると審査基準が高くなっています。

ローン審査が厳しい

不動産投資の場合には、投資と言う性質上返済が困難になるリスクが高くなります。例えば、入居者がいる時には家賃収入がありますが、未入居となった時には収入が途絶える事になりますし、収入が途絶えてしまうとローンの支払いが困難になるなどのデメリットも出て来ます。

そのため、ローン審査は住宅ローンと比べると厳しい基準が設けられており、安定性や継続性、そして物件の価値に応じた形で融資が行われるのが特徴です。ちなみに、不動産投資と聞いて、マンションやアパートなどの部屋貸しのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

しかし、不動産はマンションやアパートなどのような住居もありますが、ビルやオフィスなどの物件もあります、ビルには貸事務所やテナントなどの物件もあります。

【スポンサーリンク】


投資を行う中で、どのような物件種別があるのか、そしてどのような物件を選ぶと利益を得られるのか、予算に合う投資物件はどれになるのかなどを比較しておく事も大切です。テナントは店舗などで使う物件もありますし、貸事務所として利用する物件もあります。

調理設備が整っている物件の場合は飲食店として利用が出来ますし、一階部分にある物件などの場合、お客さんがお店に入りやすいので、色々なお店として利用する事も出来ます。しかし、テナントもアパートやマンションなどと同じく入居者がいなければ収入が途絶えてしまう事になります。

リノベーション

収入が途絶えてしまえばローン返済が残っている時には返済が出来なくなってしまうなどトラブルが生じる事もあります。返済が出来ない時には物件を売却すれば良いと感じる人も多いかと思われますが、不動産を売却するには時間が掛かりますし、購入希望者が見つからなければ、その間のローン返済は毎月訪れる事になるわけです。

ちなみに、テナントとして売却が難しい場合、リノベーションを行って住居スペースに変更する方法もあります。住居スペースにした場合、住宅ローンを組んでマイホーム購入が出来るので、そのまま売却するよりも購入希望者が多くいる、しかもリノベーションを行っているため、ビルの外装は古くなっていても、室内は新築の状態ですから、高く売れる可能性があるわけです。

リノベーションは空間をスケルトンの状態にするリフォーム手法で、水回りの位置を変える事が出来る、間取りを自由に変更出来る等の魅力を持ちます。最近は、築年数が経過した中古マンションを安く手に入れて、リノベーションをする人も多くなっていますが、テナントについてもリノベーションを行えば購入希望者を増やせるなどのメリットもあるわけです。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*