初期費用全部ゼロ、ゼロプランで賃借人をゲットする方法とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

初期費用全部ゼロ、ゼロプランで賃借人をゲットする方法とは。

入居者を確保する方法

不動産投資を考える際、主に利益と損失に関わってくるのは、自身の物件に入居者が現れるかどうかでしょう。建物物件は基本的に、年が経つに連れて値下がりすことが前提ですから、売却時にはある程度の損失は覚悟が必要で、だからこそ、運用する上では安定した入居率を確保し、家賃収入をしっかりと獲得することは大切となります。

【スポンサーリンク】


折角の物件に入居希望者が現れないと言うのはオーナーからすると避けたいものです。運用計画が破綻して家賃収入が無いのに、弁済費用や維持修繕費などを支払い続けるのは、誰だって避けたいでしょう。そう言ったリスクを避けるには、入居者を確保する方法を考えることが大切です。

その手段として、初期費用を一切掛からなくする初期費用ゼロプランは、不動産業界では注目を集めていますので、その特徴について確認していきましょう。ゼロプランの内容は、手がけている会社によっても変わりますが、通常では入居のために必要な資金をカットし、入居者有利な状況を作り出すというものです。

敷金、礼金が不要

具体的にはまず、敷金、礼金が不要となりますが、一時期注目を集めたゼロゼロ物件と違う点は、更に仲介手数料や再契約手数料、当月分の家賃も不要とし、入居者の敷居を下げるという部分に有ります。この事で、賃貸を考えているものの、敷金や礼金と言ったまとまった初期費用の為に、二の足を踏んでいる層をターゲットとして加えることが可能となります。

契約時の支出を何とか抑えたいと言う人は多くなっており、それに合わせて不動産業界でも割引やキャンペーンなどは打ち出していますが、このゼロプランではかなりのインパクトをもって訴えかけることが出来るはずです。

競合する物件が敷金礼金10%オフなどを打ち出していても、より強く印象に残すことが可能となるでしょうし、リーズナブルさと入居率の高さは武器として抑えておきたいものです。もちろん、オーナーからすると初期段階での収入は減りますが、入居率の向上によりその損失分を埋め合わせ、経営が軌道になるのならば、有益な選択肢です。

入居率の高さは人気の高さのバロメーターとも考えられるので、入居率が高い事は営業面でも有利なポイントとなりえます。同じ条件でも、入居率が極端に低い物件は人気もクオリティーも低いような印象を持たれるのは避けられません。逆に、同程度の条件でも、入居率の高さが営業の決め手となるケースもあるはずです。

不要の資金とは

では、このプランでは、具体的にどう言った部分の資金を不要としていくかを見てみましょう。まず、先述の通り、予め受け取っておく敷金、礼金は不要となります。礼金とは字面のとおり、オーナーに感謝の意を表すために受け渡されていた金銭で、数万円が相場となります。その数万円と長期賃貸契約を天秤にかけると、後者のほうが経営上好ましいと考えられるでしょう。

敷金は将来の維持修繕や家賃支払いの担保として預けておくものですが、これも不要とします。加えて原状回復費用も請求しないので、敷金も無しとなると不安かもしれませんが、元々、原状回復義務で認められているのは、入居者の故意、過失があっての破損、汚損が対象です。

【スポンサーリンク】


近年はこの辺りの情報も広く知られるようになっていますので、故意、過失による場合を除き、原状回復費用は無しで、敷金も不要としているケースが見当たります。敷金は修繕費以外にも、家賃の担保という側面があります。

借り主が家賃を払わなかったり、短期で出ていった場合には敷金なしはリスクとして考えられるかもしれませんが、これは、約款を設定したり、保険に加入するなどして被害を低減させる等が考えられるでしょう。

特に短期での解約では、違約金が設定される事が多くなっていますが、こう言った工夫で予め、優良とは言えない借り主の入居を防ぐ事も選択肢です。

無料とするケースが多い

他に保証料、ハウスクリーニング費用、仲介手数料なども無料とするケースが多く、当月家賃無料で、本当にほとんど費用をかけずに入居できるプランも増えてきました。ここまでやると、確かに、資金面で入居を迷っている場合や、出来れば引っ越し資金を抑えたいと言う場合にはアピール素材にはなるでしょう。

こう言ったプランより、もっと大きく儲けたい、と言う場合には、タワーマンションなどの相対的に、リスクやコストが必要となる物件を狙うのが選択肢と思いますが、出来るだけ不動産の持つリターンの大きさを活かしながら、リスクを下げて堅実に運用するという考え方では、このゼロプランが相応しいでしょう。

リターンの大きさよりも、若干利益が減っても安定性であったり、運用のしやすさを重視するなら、入居率を高めると言うことは大切な要素となるはずです。あまり浮き沈みの激しくない不動産投資を考えるという場合や、長期的に維持しやすい形で運用を目指すという場合には、検討しておいて損はないかもしれません。

心配な点や不安な点があれば、こう言った物件に強い不動産業者を相談相手として選んで、しっかりとリスクをケアしながらの運用を考えてみては如何でしょうか。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*