手持金が1500万円あれば、不動産投資を融資を得て買い進める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

手持金が1500万円あれば、不動産投資を融資を得て買い進める。

固定資産税がかかる

手持ち資金が1500万円あると想定した場合、その金額以内であれば、不動産を現金で購入することは可能です。しかし、不動産を購入しますと、現金を所有している時とは異なり、固定資産税がその不動産に課税され、固定資産税を納税しなければならなくなります。つまり、現金で1500万円を所持している場合と、1500万円の価値を持つ不動産を所有する場合とでは状況が異なってくるのです。

同じ価値であったとしても、課税される分だけ、不動産を所有する方がランニングコストが発生してくるのです。そのランニングコストは、不動産の家賃などで補えるとしても、現金での購入は不動産投資という観点からしますと、あまり現実的な購入方法とは言えないでしょう。

【スポンサーリンク】


銀行で融資を得る

では、現金以外の不動産の購入方法としましては、銀行などで融資を得て不動産を購入するというものです。この融資を得るというところがポイントになってきます。融資を得るということは、お金の借入れをするということですから、不動産を購入するにあたり、赤字の計上となります。赤字の申告をするのは、確定申告の際です。

確定申告で赤字の計上をすることによって、家賃などによって不動産で得られるであろう収入に課税される税金の納税額を減らすことが出来るのです。もし、現金で購入しますと、不動産購入後も赤字計上は出来なくなりますので、家賃などで得た収入に100%の課税がなされます。それではもったいないのです。

そのような、もったいない不動産投資をするのではなく、融資を上手に利用することによって、賢い不動産投資をすることが可能です。そして、手持ちのお金としていくらか現金は残りますので、万が一の場合に備えることもできます。不動産は天災などで、いつ、どのような状況になるか予測ができません。

【スポンサーリンク】


全部つぎ込むな

予測できないからこそ、常に手持ちのお金を用意しておく必要があります。1500万円全てを不動産投資につぎ込んでしまいますと、手元には現金が残らない状態となってしまいます。天災以外にも不測の事態は予想できます。例えば、不動産の利用者が居なくなった場合です。つまり、家賃などによる収入がゼロとなってしまう場合です。

このような時も、固定資産税は払い続けなければいけません。この固定遺産税は路線価によって納税額は変動しますが、ある程度の予測はつきます。ですから、その納税が出来る財政的な余力を残しておくことも大切なのです。

このように、手持ち資金が1500万円あったとしましても、不動産は手持ちのお金を全て使って現金購入するのではなく、銀行などから融資を得て不動産を購入する方が良いことが分かります。

それは、税金の対策であったり、万が一の時に備えて現金を残しておくことが理想的だからです。融資を得て不動産を購入し、家賃などの収入を定期的に得ながら常にプラスの運営をしていくことこそ、理想的な不動産運営と言えるのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*