J-REITとも呼ばれるリートを始めるにはどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

J-REITとも呼ばれるリートを始めるにはどうすればいい?

貴方はJ-REITと呼ばれるリートという言葉を聞いたことがありませんか?この方法は不動産投資信託という方法であり、一般的に不動産投資を始める方法よりも多くのメリットがあります。この方法は初心者でも簡単に手を出せる方法で、未だ不動産投資に関する知識がそこまでないという人でも安心して投資が出来ます。

いきなり不動産投資を始めるのが不安だという人は、J-REITから始めるのがお勧め出来るでしょう。そこで、リートとはどのような仕組みなのか、J-REITを始めるにはどうすればいいのかをご説明します。

J-REITはどんな仕組みになっている?

【スポンサーリンク】


J-REITは不動産投資信託と言われていますが、一般的な不動産投資とは何が違うのか分かりにくいですよね。一般的な不動産投資は自分で資金を集め、不動産を購入して経営を行い、利益を得る方法ですが、リートによる不動産投資信託は投資の専門家が一つの不動産の経営を行うもので、その際に複数人の投資家からお金を集めて運用していくのが最大の特徴です。

この方法であれば一棟まるごと購入するのに必要な費用を出さずに利益を出すことが可能であり、みんなでお金を出し合って経営に協力する形なので少額の資金で投資が始められます。この方法による不動産の運用によって得た利益は投資に参加した人がどれくらいの割合でお金を出したかによって決まります。つまり、投資の際にお金を出すほどリターンが大きい仕組みになっています。

J-REITを始める3つのステップ

【スポンサーリンク】


誰でも少額から不動産投資が出来るリートですが、投資信託を行うにあたって面倒な手続きが発生することはありません。契約書などの必要な書類を複数用意する必要性も全くありませんし、説明を受ければ年齢が低くても始められる方法です。J-REITを始めるには、3つのステップを順番にこなすだけでOKです。その3つのステップとは、

・口座開設
・口座に入金
・J-REITの購入

以上の3つです。

3つのステップに関する詳細

まず、リートは証券取引所にて行われているので、投資を行う為には証券取引の為の口座を開設しなければなりません。しかし、口座を開設するといっても多くの口座がある為、どの口座を開設すればいいのか分からないこともあるでしょう。

口座を開設するのであれば実際に開設してみなければ何とも言えませんが、総合証券の口座を開設するのは避けるべきです。何故なら、ネット証券よりも売買手数料が高額なので初心者には向いていないからです。どの口座が自分に向いているかどうかは事前に分かる情報だけでも判断出来ますが、実際にいくつか開設することをお勧めします。

次に、無事に証券口座を開設することが出来たら、その日から口座に入金が出来るのですぐにJ-REITが始められます。ここで気を付けておきたいのは、これからリートを購入する際に入金したお金はすぐに引き出すことが出来ないということです。場合によってはすぐにお金を引き出さなければならない状況もあるでしょうし、引き出したい時に引き出せないような状況にならない為にもむやみに入金するのはNGです。

そして最後にリートを購入することになりますが、初心者の場合だと何を購入すればいいのか分からないので適当に購入することもあるでしょう。少額から投資が出来るので仮に失敗したとしても被害は少なく済みます。しかし、失敗ばかり繰り返しても意味がないので、J-REITを長く続ける為には様々な種類があることを覚えておきましょう。

それぞれ一つの物件に集中して投資する特化型と複数の物件に投資する複合型、用途の限定をしない総合型の3種類があるので、どれが安定して収益が得られるのかを調べてみましょう。

まとめ

3つのステップに関する詳細

一般的な不動産投資の場合、必要な知識はもちろん自分自身の手で経営を行うので失敗する可能性があちこちにあります。対してリートであれば少額から始められる上に投資のプロが運営するので失敗する可能性が低いのはこれ以上にないメリットです。

是非ともJ-REITの仕組みを理解して投資を始めてみてはいかがでしょうか。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*