再建築不可物件を再建築可能にする方法。建築基準法に合致するには。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

再建築不可物件を再建築可能にする方法

再建築不可物件を再建築可能にする方法

最建築不可物件を再建築可能にする方法は難しいですがいくつかあります。基本的には、建築基準法の道路に合致するような形で建築をしていくということになります。

ではどのような方法があるのかというと、まず自分が所有している土地を道路として役所に認めてもらうという方法があります。道路として認められると、土地は位置指定道路となって、建築基準法で道路として認められるようになります。自分が所有している土地を位置指定道路する方法は、土地の両端が他の道路に接続しているという事がポイントになります。

また、道路面は砂利やぬかるみなどにならないような構造で、きちんと排水できる施設を設けることも必要です。そして道路に傾斜が出てしまう場合は、階段状にはしないで坂道のようにする事も必要になります。これらの他に、それぞれの市町村で敷地面積に制限がある事も多いので、役所に確認を取る事が大事です。ですので、広大な土地を所有している人は位置指定道路にする事が出来れば、有効に土地を使う事ができるようになります。

位置指定道路への指定

【スポンサーリンク】


この位置指定道路への指定は、他の土地の持ち主と一緒に申請する事も可能ですので、上手に行えば今までうまく活用できなかった土地も生まれ変わり、有効利用する事が可能になります。

そして隣接している土地を新たに買い取ってくっつけてしまうという方法もあります。この土地をくっつけてしまう事を合筆するといいます。この合筆には費用がかかりますが、1000円とかなり安い値段なので、隣接している土地を購入できるのであれば購入して、合筆してしまえば土地の価値が一気に上がる事が期待出来ます。

合筆するには、土地の所有者が一緒である事や、土地が隣接している事、土地の地目が同じである事が必要条件となりますので、これらをきちんと確認しておく事も大切です。

2項道路とみなし道路

【スポンサーリンク】


他にも2項道路、つまりみなし道路として役所に認めてもらう方法です。2項道路とは何かというと、建築基準法が制定される前にあった建築物がある場所にある幅4メートル未満の道路の事を言います。すでに認められていれば問題ありませんが、行政上のミスで本来認められるものが認められていない場合、改めて役所に申請する事で2項道路として認められる場合があります。しかし認められるには建築基準法が制定される前に建物が既に底に建っていたという事を証明しなければならない為、認定をもらうのはかなり難しいです。

まだまだそれ以外にも再建築不可物件を再建築可能にする方法はあります。それは4項道路として特定行政庁の許可を得るという方法です。4項道路とは、6メートル区域内にある道路幅が6メートル未満の道路で特定行政庁が認めた道の事を言います。

4項道路として認めてもらうには、周囲の状況によって、避難や通行の安全上支障が無いと認められた道である事や、地区計画等に定められた道の配置や規模、またその地域に即して作られている道であれば、幅が4メートル未満であったとしても道路として役所から認められる場合があります。その他、それぞれの地区町村で細かい条件もありますのでそれらは役所に行って相談すると良いです。

このように、最建築不可物件でも再び建築できるようにする方法はいくつかあります。しかし決して簡単ではありません。それでも全く不可能というわけでもありませんので、再建築が出来ない土地だからといってはじめから購入するのを諦めてしまうのではなく、周りの状況を見ながらしっかりと検討をして購入を考えてみるのも良い方法です。その結果、建築が出来ない土地が建築できるようになれば、土地の値段も大きく上がりますのでやってみる価値はあります。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

不動産投資のご相談はこちら

コメントを残す

*