サラリーマンがアパート経営をする上で抑えるべき経費と節税方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
masa
Pocket

サラリーマンがアパート経営をする上で抑えるべき経費と節税方法

サラリーマンでアパート経営を副業としている方が最近増えていることをご存知でしょうか。理由としては、日本経済がなかなか回復せずに本業のサラリーマンで昇給が見込めない、副収入はもちろんだが老後の収入源の確保などが挙げられます。では、副業でアパート経営を行う上で出来る税金対策や、経費の使い方を解説致します。

アパート経営に自己資金はいくら必要なのか

【スポンサーリンク】


サラリーマンがアパート経営をする為には、一体どの程度の自己資金が必要なのでしょうか。取得する不動産の規模によって自己資金は当然変わってきますので、一概には言えませんが、最低資金としては300万円程度から始める事が可能と言われております。

アパート経営は中古で購入するにしても、新規で建設するにしても一括払いが出来る方はサラリーマンではゼロに等しいと思います。そのため、金融機関から融資を受けることになります。融資実行時に頭金なしでは厳しく融資額の10%程度は頭金が必要になりますので、融資額が3000万円だとして、その際の最低額は300万円必要です。また、アパート経営を行う上での運用資金もある程度の金額は残しておかなければならない。

誰でも融資が得られる訳ではなく最低でも年収500万円はないと金融機関の審査は通らず、仮に審査を通ったとしても低金利で借りられない可能性もあります。

アパート経営における節税方法

【スポンサーリンク】


サラリーマンでも副業でアパート経営をして得た家賃収入は全てを確定申告する必要はなく、そこから必要経費を差し引いた額が課税対象となります。

では、どのようなものが必要経費として掛かるのでしょう。不動産取得時に組んだローンの支払い額・アパートの固定資産税・各種保険料・修繕費用・減価償却費・ガソリン代・交際費などが挙げられます。

仮にアパート経営でこれらを差し引きして赤字になったとしても、本業のサラリーマン収入からも差し引いてくれます。仮に赤字経営が続いたとしても本業で掛かるべき所得税や住民税を節税でき、その時は生活が苦しいかもしれませんが将来的にはローンの返済が終わればアパートは資産として残り、家賃収入も継続して得る事ができます。

気になるメリットとデメリット

気になるメリットとデメリット

アパート経営をサラリーマンが行う上でメリットはいくつか説明しましたが、デメリットも当然あります。そんなメリットとデメリットを下記にまとめてみました。

メリット
※マイナス金利政策の今、低金利でローンを組む事ができる。
※仮に赤字収支となっても本業のサラリーマン収入で赤字分を差し引かれるので所得税や住民税の節税となる。
※将来的にはアパートを資産として残せるため老後の収入源にできる。

デメリット
※ほとんどが空室となるような状況が続くとローンの支払いができなくなる。
※ローン完済時に物件価値が下落している可能性がある。
※アパート経営が大成功した場合、課税額が上がるので支払う税金が増える。
※金利が変動し月々の返済計画が崩れる。

不動産投資を始める方の多い現在の日本ですが、理由として金融機関の低金利が大きいです。また、老後に対する年金受給額などに対する不安も後押ししていると言えます。

サラリーマンで副業を考えているも多いと思いますが、選択種のひとつにアパート経営を考えてみてはいかがでしょう。

【スポンサーリンク】



シノケンは東京証券取引所に上場している上場企業です。土地がないサラリーマンの方でも、アパート経営ができてしまいます。

今なら、アパート経営が良く分かるDVD&パンフレットを無料でプレゼントします。

アパート経営に少しでも興味がある方は、無料DVDの請求だけでもいかがでしょうか。

無料のセミナーも開催されているので、疑問に思うことがあれば、是非参加して質問してください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*